<岡山・少女殺害事件>勝田容疑者が一転、殺害行為を否認

これまでの供述から一転、「(殺害行為は)ありません」

2004年9月、岡山県津山市で当時小学校3年生だった筒塩侑子さん(9)が自宅で殺害された事件で、事件発生から14年目となる今年5月30日、岡山県警に別の殺人未遂の罪で服役していた勝田州彦容疑者(39)が殺害の容疑を認める供述を始め、逮捕・送検されたことは、当サイトでこれまでにお伝えしてきた通りである。

その勝田州彦容疑者の勾留理由開示手続きが今月8日、岡山簡易裁判所(小林正明裁判官)で開かれたが、ここへきて一転、殺害行為を否認しはじめたというのだ。

(関連記事:【速報】<岡山・少女殺害事件>勝田容疑者が殺害を認める供述

(関連記事:【続報】<岡山・少女殺害事件>勝田容疑者が突如浮上した理由とは?

「(死刑になる可能性を示され)あえてうその供述をした」