通行トラブルか?相模原男性刺殺事件 容赦者を逮捕

路上で刺殺、容疑者は「記憶にない」と容疑を否認

去年12月、神奈川県相模原市の路上で60歳の男性が刃物で刺され死亡した事件で、40歳の男を逮捕された。

神奈川県警は去年12月12日の午後11時半頃、神奈川県相模原市南区大野台6丁目の路上で相模原市南区西大沼の会社員・松岡隆行さん(当時60歳)の胸や腹などを刃物で刺して殺害したとして、殺人容疑で相模原市南区大野台5丁目の自称派遣社員・大石明彦容疑者(40)を逮捕した。

捜査関係者によると、事件直前に2人は現場で口論に発展。もみ合っている様子を複数の人に目撃されていたが、男は犯行後、現場から自転車に乗って逃走したということから、何らかのトラブルがあったとみられているという。2人に面識はなかったという。

(関連記事:<岡山・少女殺害事件>勝田容疑者が一転、殺害行為を否認

(関連記事:【続報】名古屋のネットカフェ刺殺事件 通り魔か?

面識のない2人、通行トラブルか?