時効まで27時間…10年前の性的暴行事件で容疑者の男を逮捕・起訴

「大声を出したら刺すぞ」と10代の女性に性的暴行

10年前の2008年、埼玉県川口市の住宅街で、当時10代だった女性に性的暴行を加えたとして、会社役員の男が逮捕された。この事件は時効まで残り27時間と迫っていた。

今月13日の夜、10代の女性に性的暴行を加えたとして、強姦の疑いで埼玉県警に逮捕され、その後起訴されたのは、埼玉県川口市戸塚の会社役員・野沢徹容疑者(37)だ。

捜査関係者によると、野沢徹容疑者は2008年6月14日の午後11時頃から翌15日午前2時頃にかけて、川口市内で帰宅途中だった10代の専門学校生の女性に対し、「大声を出したら刺すぞ」などと脅し、公園や空き地などで性的暴行をした疑いが持たれているという。

この事件は15日午前0時に時効が成立する予定だったことから、さいたま地検は14日夜に異例のスピード起訴をした。

(関連記事:1人の女性に8人で性的暴行を加えた富山市の男らを逮捕

(関連記事:日本人女性が性的暴行被害に…インドの人気観光地の実態とは?

(関連記事:女子トイレで「服を脱げ」つきまとったうえ、性的暴行した男が逮捕

(関連記事:きっかけは交通事故…謝罪に来た女性に性的暴行した男が逮捕

(関連記事:【業界騒然】グラドルに〝性的暴行〟したナンパ塾生徒2名を逮捕!

10年後になって容疑者の犯行と分かった理由は?