タクシーをあおって運転手に暴行・脅迫した暴力団組員が逮捕

タクシー運転手を600㍍にわたって追跡し暴行

東京都内の道路で、およそ600㍍にわたってタクシーをあおり、停車させた上で運転手に暴行した男らが逮捕された。

今年4月、タクシー運転手(77)に対して暴行・脅迫などをした疑いで警視庁に逮捕されたのは、指定暴力団住吉会系組員の林隆司容疑者(22)ら2人だ。

捜査関係者によると、林隆司容疑者が運転するバイクで東京都板橋区のJR板橋駅付近を走っていた2人は、タクシーとぶつかりそうになったことに怒り、その後約600㍍にわたって進路を妨害するなどのあおり運転をして追跡した。

(関連記事:あおり運転3㌔…窓から身を乗り出して脅した男を逮捕

(関連記事:<渋谷スクランブル交差点暴走事件>Twitterで犯人特定、逮捕

(関連記事:睡眠障害で4年間に19回の事故を起こした男が危険運転致傷で逮捕

(関連記事:時速160㌔で暴走…5人を死傷させた男にくだった判決とは?

(関連記事:車で自転車男性を1.5㌔引きずる…殺人未遂容疑で男女を逮捕

「今すぐ降りろ」「ぶち殺すぞ」と脅迫