【刺殺】父親を果物ナイフで殺害した〝慶応大生〟長男は何にキレた?

今月18日、同居する父親をナイフで刺殺したとして、警視庁田園調布警察署は慶応大学に通う鳥屋智成容疑者(20)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

事件があったのは、一家が暮らす東京都大田区の住宅街にあるマンションだ。同日午後10時すぎ、自宅のリビングで、慶応大学2年生の長男・智成容疑者が、父親である会社役員の多可三さん(58)の腹をナイフで刺し、殺害しようとした疑いが持たれている。

その後、母親が110番通報し、駆けつけた警察官が智成容疑者をその場で現行犯逮捕。父親は刃渡り13センチの果物ナイフで刺され、病院に搬送された後、死亡が確認されたという。深夜の住宅街にパトカーが多く集まったことから、周囲は騒然となったようだ。

捜査関係者の調べによると、きっかけは、事件の起きるおよそ30分前の午後9時半ごろ。酒に酔って帰宅した父親が、智成容疑者の弟(17)に対して、自身が貸したジャージをめぐり説教を始めたことのようである。弟への説教を聞いていた智成容疑者は「説教をやめないと刺すぞ」と言い、果物ナイフを持ちだして犯行に及んだという。

調べに対して智成容疑者は、「感情的になって刺したのは間違いない」と容疑を認めているそうだ。警視庁は、容疑を殺人に切り替えて詳しいいきさつを調べることにしている。

父親は会社役員、自身は慶大生というエリート一家に、いったい何が起こっていたのか。真相の究明が待たれている。

(文◎朝比奈ゆう)