<三重>覆面パトカー運転中に警察官が自損事故を起こし死亡

三重県警の警察官が事故を起こした理由は…?

覆面パトカーを運転していた三重県鳥羽警察署の警察官が自損事故を起こし死亡した。

今月20日午後2時頃、三重県志摩市磯部五知町の国道で、覆面パトカーが道路の法(のり)面に転落し立ち木に衝突しているのを、通りかかった別の警察官が発見した。覆面パトカーには、三重県警鳥羽警察署の警察官・小林大士さん(33)が1人で乗っており、病院に搬送されたものの、全身を強く打っていたため死亡した。

(関連記事:職務質問してきた警察官をはねて逃走していた容疑者が逮捕

(関連記事:大量の発汗・言動に不審点…覚醒剤使用の疑いで現職警察官を逮捕

(関連記事:【続報】熊本で追跡中の警察官が発砲、けが人数名、犯人は死亡していた

(関連記事:元交際女性に「逃げたら殺す」と脅した監禁犯を〝放置〟した警察の罪

当直勤務中の事故だった