「家族を守るため」横浜の18歳少年が父親を刺殺して緊急逮捕

「殺さないと、母や兄弟が暴力を振るわれる」

今月21日、神奈川県警金沢署は、父親(44)を包丁で刺して殺害したとして、横浜市金沢区の集合住宅に暮らす高校2年生の少年(18)を殺人容疑で緊急逮捕した。

捜査関係者によると、少年は20日午後7時40分頃、自宅マンションの居間にて、会社員の父親の胸などを刃渡り約20センチの包丁で刺し殺したとみられている。

両親と妹、弟の5人で暮らしていた少年はこの日、居間で両親がけんかをしていたところを止めに入ったが、父親の力が強くて止められず、台所にあった包丁を持ち出したという。当初、少年は「殺さないと、母や兄弟が暴力を振るわれると思った」と話していたが、逮捕後には「殺そうとは思わなかった」と殺意を否認しているという。

息子が父親を刺殺した事件といえば、事件の2日前である18日にも、慶応大学に通う長男(20)が自宅リビングで父親(58)をナイフで刺殺する事件が起きたばかりである。長男は、弟に説教をする父親に対して「説教をやめないと刺すぞ」と言い、説教をやめさせようとして犯行に及んでいる。

家族を助けようとした結果の殺人事件であることなど、今回の事件と類似する点も見受けられる。

「DV父親から母親を守ろうとしたのかな」