【強姦】性的暴行に及んだ結婚情報誌「ゼクシィ」運営会社社員を逮捕

「2日酔いに効く薬がある」と偽って薬を飲ませる

結婚情報誌「ゼクシィ」の出版などを手掛ける運営会社社員が、婚活サイトで知り合った女性に対し性的暴行をしたとして、準強制性交等の疑いで逮捕された。

婚活アプリを使用して知り合った女性(29)に睡眠導入剤を飲ませて自宅に連れ込み、性的暴行をしたとして、7月2日に準強制性交等の疑いで愛知県警中警察署に逮捕されたのは、愛知県名古屋市中区新栄の会社員、柳沢翔容疑者(28)だ。

捜査関係者によると、柳沢翔容疑者は今年4月30日午後7時半頃、婚活アプリを使って被害者女性を名古屋市内の居酒屋に呼び出し、「2日酔いに効く薬がある」と偽って薬を飲ませ、意識が朦朧とした女性を自宅に連れ込み、性的暴行に及んだという。

調べに対して、柳沢翔容疑者は容疑を認めている。

(関連記事:3年前の強姦致傷もこの男…坂野雅哉容疑者の〝性犯罪〟再犯リスク

(関連記事:【全文掲載】TOKIO山口を契約解除!ジャニーズ事務所が非情通達

(関連記事:【約1800万円の荒稼ぎ】わいせつ動画配信で男女4人逮捕

(関連記事:「バカだった」援交JDを買った米山新潟県知事の剛胆SEX一部始終

「ゼクシィ」とは別の婚活アプリを使って女性を物色