<大口病院中毒死事件>元看護師が男性患者を〝殺害〟…動機を供述

患者の点滴に消毒液を混入…殺害したのは夜勤の看護師

2年前の2016年9月、横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で男性患者2人が相次いで〝中毒死〟で亡くなった事件で、ここにきて大きな進展があり話題になっている。亡くなった2人のうち、1人の男性患者の点滴に消毒液を混入し殺害したとして、今月7日、大口病院の元看護師・久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)が殺人容疑で逮捕され、9日に送検されたのである。

久保木愛弓容疑者は、2016年9月18日午後3時~4時55分頃、当時勤務していた大口病院の入院患者・西川惣蔵(そうぞう)さん(当時88)の点滴に異物を混入し、殺害した疑いが持たれている。当日、夜勤であった久保木愛弓容疑者は、午後3時頃に出勤。男性が死亡するまでの約2時間で点滴に消毒液を混入させたとみられている。

久保木愛弓容疑者は容疑について認めており、動機については次のように説明しているという。

(関連記事:<一家11人集団自殺事件>犯人がいる? インド式の〝儀式〟?

(関連記事:<目黒虐待死事件>両親になぜ「殺人罪」が適用されないのか?

(関連記事:【動画公開】式典の最中に銃撃…暗殺されたフィリピンの市長

(関連記事:【米国】母親と交際相手の虐待で10歳少年が死亡…殺された理由とは?

(関連記事:金正男殺害裁判…実行犯は「VXガスで暗殺する訓練を受けていた」!?

容疑者が明かした、殺害に至る驚きの動機とは?