〝アソコ〟の薬物を見つけられ逮捕!最新の運び屋・持ち込み事情

帯同する警察犬が女性容疑者の骨盤を嗅ぎ回った理由

アメリカのニュースサイト「The smoking Gun」によると、6月25日、同国ウィスコンシン州ミルウォーキー在住のデジィレー・ウェブスター容疑者(20)が、逮捕歴のあるドラッグディーラーのジャレル・マッコーラム容疑者(39)と共に車で走行していたところをシャワノ郡警察に停められ、薬物の重罪容疑で逮捕された。ジャレル容疑者が「ヘロインやコカイン、マリファナ、覚せい剤その他の薬物を売りさばいている」という匿名の情報が寄せられ、尾行していた警官が逮捕に踏み切ったと見られる。

ジャレル容疑者は、ドラッグを輸送する際には必ず女性と共にいたという。その理由は、寄せられた匿名の情報が「薬物を女性の膣内に入れさせて職務質問を逃れている」というものだったようで、別の報道によると、警察犬を帯同している警察車両に停車を求められた際、警察犬は運転席のデジィレー容疑者の方ばかりを嗅ぎ回っていた。

その後、署に連行され、警察官が身体検査を行った際、デジィレー容疑者が骨盤の辺りをしきりに気にしている様子を指摘。これを受けて、警察官はディジレー容疑者を病院に移送し、CTスキャンを撮ったところ、彼女の骨盤の辺りにビニールに包まれたこぶし大の異物を発見。デジィレー容疑者の膣内からは、なんと82㌘もの薬物が発見されたという。

救急病院の医師、ライアン・マーフィーによると、女性が〝体内の穴〟に薬物を隠し持つことは、そう珍しくはないという。

(関連記事:大量の発汗・言動に不審点…覚醒剤使用の疑いで現職警察官を逮捕

(関連記事:〝紀州のドン・ファン怪死〟ビール瓶を押収し覚醒剤混入を鑑定へ

(関連記事:密売目的? 覚醒剤や大麻を大量所持するイラン国籍の男と元妻を逮捕

(関連記事:「試合で負けられない」女子プロレスラー浜田文子が覚醒剤使用で逮捕

(関連記事:【また覚醒剤使用で逮捕】〝仮面ライダー俳優〟が薬物に溺れた理由は?

「心拍が上がり、高熱を発し、体の機能が停止して死に至る」