【速報】滋賀「日野町事件」の再審が決定…真の強盗殺人犯は?

獄中で病死した元受刑者の無念を晴らすべく…

1984(昭和59)年12月29日に、滋賀県蒲生郡日野町で酒店経営者の女性(当時69)が殺害され、金庫が奪われた「日野町事件」。この今から34年前に起こった事件で、強盗殺人容疑で逮捕され、無期懲役の判決が確定して2011年に獄中で病死していた阪原弘(さかはら・ひろむ)元受刑者の再審を開始する決定が今月11日に大津地裁(今井輝幸裁判長)で下された。

この事件は、1984年12月29日に酒店経営者の女性が行方不明になり、翌年1月に町内の草むらで遺体が発見。当時、酒店の常連客だった阪原弘元受刑者が同年3月11日に逮捕されていた。

(関連記事:【速報】オウム真理教による新たな「女性信者殺害事件」が発覚!

(関連記事:<オウム幹部7人死刑執行>麻原元死刑囚の遺体を火葬、その場所は?

(関連記事:<大口病院中毒死事件>元看護師が男性患者を〝殺害〟…動機を供述

(関連記事:<一家11人集団自殺事件>犯人がいる? インド式の〝儀式〟?

(関連記事:<目黒虐待死事件>両親になぜ「殺人罪」が適用されないのか?

「自白を強要された」と元受刑者が主張、真相は?