【無許可営業】歌舞伎町の巨大ホストクラブグループ社長が逮捕

売り上げは4店舗で約8億7000万円

無許可でホストクラブを運営したとして、東京・歌舞伎町のホストクラブグループ「AIR GROUP」の代表・茅根健一容疑者(49)ら3人が風営法違反の疑いで逮捕された。

茅根健一容疑者ら3人は、今年2月から東京都新宿区歌舞伎町などのホストクラブ4店舗で、風俗営業の許可を受けていないにもかかわらず、男性従業員に女性客の接待をさせた疑いが持たれている。これまでに4店舗で計約8億7000万円を売り上げたとのことだ。

「職業、イケメン」のキャッチコピーでも知られる「AIR GROUP」は、歌舞伎町で2番目の規模を誇るグループで、ホストクラブな17店舗を経営している。そのうちの無許可4店舗については、別会社を設立して経営しており、先月には店の経営者の男らがすでに逮捕されている。今回逮捕された茅根健一容疑者は、「AIR GROUP」全体のトップを務めている。

「AIR GROUP」HPより

調べに対して茅根健一容疑者を含む2人は容疑を認めており、1人は否認しているという。

(関連記事:ホストクラブから高級酒を盗んでメルカリに出品した男を逮捕

(関連記事:新宿・歌舞伎町で路上強盗した北海道出身の幼なじみ2人を逮捕

(関連記事:【5万枚押収】壊滅したはずの「裏DVD店」また歌舞伎町で摘発

(関連記事:「AV女優とデキる」歌舞伎町のぼったくりグループが向かった先は?

(関連記事:【写真限定公開】同居女性にダイエットを強制し暴行したホストの末路

風俗営業許可のない〝読モBAR〟で新人研修?