<エアーコンプレッサー殺人>同僚の肛門に男はなぜ空気を注入した?

死因は肺の損傷…容疑者は「悪ふざけ」と供述

エアーコンプレッサー(空気圧縮機)を使って、同僚の肛門に空気を注入して死亡させた会社員の男が逮捕された。

同僚男性の肛門から空気を注入して死なせたとして、茨城県警竜ケ崎署に傷害致死容疑で逮捕されたのは、茨城県つくば市手代木の会社員・吉田佳志容疑者(34)だ。

捜査関係者によると、吉田佳志容疑者は13日午後5時頃、龍ケ崎市にある勤務先の建設重機などを製造する工場で、エアーコンプレッサーを使って同僚の石丸秋夫さん(46)の肛門から体内に空気を注入するなどの暴行を加えたという。石丸さんは服の上から空気を注入されたものの、その後になって体調の不良を訴えたため病院に搬送されたが、その後に死亡。死因は、肺の損傷だったという。

石丸さんが搬送された病院から連絡を受けた警察により、事件は発覚したという。取り調べに対し、吉田佳志容疑者は、「悪ふざけでやった」として、容疑を認めているという。

(関連記事:【中米発】新婚旅行中の夫婦を〝殺した〟危険すぎる遊戯とは?

(関連記事:<大阪ミナミで殺人>道頓堀川に知人を突き落とした風俗店店長が逮捕

(関連記事:【アメリカ発】元NBA選手が警察と銃撃戦の末に死亡…自殺か?

(関連記事:【速報】滋賀「日野町事件」の再審が決定…真の強盗殺人犯は?

(関連記事:【速報】オウム真理教による新たな「女性信者殺害事件」が発覚!

実は多い「エアーコンプレッサー」にまつわる事件