未解決<スーパーナンペイ事件>消えた犯人のスニーカーを警視庁が公開

23年前、スーパーで働く女子高生ら3人が銃殺…

間もなく発生から23年を迎える、東京都八王子市のスーパーで女子高生ら3人が拳銃で撃たれて殺害された事件で、警視庁は今月17日、犯人が履いていたとみられるスニーカーのレプリカを公開し、情報提供を呼びかけている。

事件現場となったスーパーの名前から「ナンペイ事件」(現在は閉店)とも言われているこの「八王子スーパー強盗殺人事件」は、現在も犯人は捕まっておらず、未解決事件となっている。

被害当日の事務所側の写真(警視庁HPより)

事件が起きたのは1995(平成7)年7月30日の日曜日。その日は、まさに昨今のような猛暑であった。現場近くにある「北の原公園」では、午後6時から午後9時6分頃まで盆踊りが開催されており、多くの人で賑わっていた。

盆踊りが終了してからおよそ10分後の午後9時15分頃、事件は起きた。現場となったのは、JR八王子駅の北西約2㌔、JR八高線北八王子駅の西南西約750㍍に位置する、八王子市大和田町4丁目26番1号のスーパー「ナンペイ」(当時)の2階事務所。そこに拳銃を持った何者かが侵入、アルバイトをしていた女子高校生の前田寛美さん(当時16)と矢吹恵さん(当時17)、さらに従業員のパート稲垣則子さん(当時47)の3名を拳銃で殺害したのだ。

警視庁HPより

女子高生2人は粘着テープで口を塞がれた上に互いの手を縛られており、至近距離から後頭部に1発ずつ発砲され、即死の状態であった。一方のパート従業員の女性は、身体は縛られていなかったものの、金庫の前に突き飛ばされた形跡があり、女性高生たちを殺害した後、銃殺されたとみられている。犯行後、犯人は何も奪わずに逃走。金庫を開けようとした形跡はなく、その他の貴金属類にも手をつけていないため、「強盗説」と「怨恨説」の両面が考えられているが、捜査本部は「強盗説」を重視して捜査を進めてきた。

(関連記事:<エアーコンプレッサー殺人>同僚の肛門に男はなぜ空気を注入した?

(関連記事:【中米発】新婚旅行中の夫婦を〝殺した〟危険すぎる遊戯とは?

(関連記事:<大阪ミナミで殺人>道頓堀川に知人を突き落とした風俗店店長が逮捕

(関連記事:【アメリカ発】元NBA選手が警察と銃撃戦の末に死亡…自殺か?

(関連記事:【速報】オウム真理教による新たな「女性信者殺害事件」が発覚!

15年という「時効の壁」を廃止させた殺人事件