北海道のひき逃げ事件、犯人は道警の現職警察官だった!!

現職警察官がひき逃げ行為! なぜ逃げたのか?

乗用車で女性をはねて重傷を負わせたにもかかわらずそのまま逃げたとして、ひき逃げの疑いで北海道警に勤務する現職の警察官が逮捕された。

今月17日に女性をはね、けがを負わせたにも関わらず、何の処置もせずにその場から逃走。自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで北海道警察本部により逮捕されたのは、北海道警察本部機動隊所属で、札幌市豊平区平岸4条の巡査長・高田積伸(かずのぶ)容疑者(28)だ。

高田積伸容疑者は当日、通常の勤務を終えて帰宅途中だったという。

(関連記事:【アメリカ発】元NBA選手が警察と銃撃戦の末に死亡…自殺か?

(関連記事:【速報】富山県で警察官1人死亡、2人重体…警察官が刺され拳銃を奪われる

(関連記事:<三重>覆面パトカー運転中に警察官が自損事故を起こし死亡

(関連記事:職務質問してきた警察官をはねて逃走していた容疑者が逮捕

(関連記事:【続報】関東連合関係者が沖縄で暴力団関係者と乱闘…警察が捜査へ

「警察官としてあるまじき行為で誠に遺憾。厳正に処分する」