【続報】質屋を舞台にしたカード詐欺事件…新たに住吉会系組長が逮捕

売買を装ってカード会社から430万円を騙し取った疑いで

架空の取引によりクレジットカード会社から振り込まれた現金を騙し取っていた暴力団幹部と質店経営者の男性が逮捕された一件は、当サイトでも今月9日に報じた通りだが、この一連の事件で新たな逮捕者が出た。

(関連記事:クレジットカード会社から現金を騙し取った暴力団幹部らを逮捕

今月19日、警視庁によって新たに詐欺の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団住吉会直系団体川越平塚一家総長の時田康雄こと安済康雄容疑者(51)ら2人だ。

捜査関係者の話によると、安済康雄容疑者らは、すでに逮捕されている「トーショー質店」経営者の徳永智昭容疑者と共謀して、クレジットカード会社に売買を装って430万円を騙し取った疑いが持たれているという。

(関連記事:【逃走中】警視庁が特殊詐欺「受け子」の男を指名手配

(関連記事:950万円詐取した特殊詐欺グループの「かけ子」のリーダー格逮捕

(関連記事:女子アナの元夫で元プロテニス選手の男を2億円超詐欺容疑で逮捕

(関連記事:【200万円超】郷ひろみさんの母親が詐欺被害に…かけ子役らを逮捕

「クレジットカードを使って現金を受け取れる店」