<堺市・あおり運転殺人>〝1分間の映像〟が決め手で殺人罪適用

「ドライブレコーダー」の〝1分間〟の映像が決め手に

いま、日本中で大きな社会問題となっている〝あおり運転〟に関して、極めて異例となる殺人罪が適用されたことで話題となっている。

今月2日に大阪府堺市で、あおり運転をする乗用車に追突され、バイクに乗っていた大学4年生の高田拓海さん(22)が死亡した事件で、同月23日になって、堺市南区に住む警備員・中村精寛(あきひろ)容疑者(40)が殺人罪で起訴された。

中村精寛容疑者は2日の午後7時半頃、堺市南区の府道で高田拓海さんのバイクに追い抜かれたことに腹を立てると、追跡を開始。あおり運転をした上に時速約100㌔で追突し、高田拓海さんを脳挫傷で死亡させた疑いが持たれている。

今回、殺人容疑で立件するに至った決め手は、事故の一部始終を記録した「ドライブレコーダー」の〝1分間〟の映像だった。

中村精寛容疑者は逮捕時、「殺害しようとは思っていなかった」と殺意を否認していたものの、捜査関係者が同容疑者のドライブレコーダーのほか、近くを走行していた別の車の記録も解析。その結果、バイクに追い抜かれてから追突するまでの約1分間、中村精寛容疑者がクラクションを鳴らしパッシングをしながら1㌔ほど執拗にあおっていたことが明らかとなった。追突後には、中村精寛容疑者の「はい、終わり」という音声も録音されていた。

(関連記事:タクシーをあおって運転手に暴行・脅迫した暴力団組員が逮捕

(関連記事:あおり運転3㌔…窓から身を乗り出して脅した男を逮捕

(関連記事:<渋谷スクランブル交差点暴走事件>Twitterで犯人特定、逮捕

(関連記事:時速160㌔で暴走…5人を死傷させた男にくだった判決とは?

(関連記事:車で自転車男性を1.5㌔引きずる…殺人未遂容疑で男女を逮捕

「はい、終わり」というつぶやきは何を意味する?