<拳銃10丁と実弾所持>住吉会系組員を逮捕、幹部を指名手配

建設会社の寮から拳銃10丁と実弾233発を押収

今年の4月10日、東京都府中市是政にある建設会社の寮の部屋に置かれたスーツケースから回転式拳銃2丁のほか、自動式拳銃8丁と実弾233発が押収された事件で、新たな展開があったのでお伝えする。

(関連記事:【拳銃10丁、実弾200発】比国籍男の部屋が〝武器庫〟だった理由

(関連記事:【続報】拳銃10丁押収事件…建設会社社長を銃刀法違反容疑で逮捕

フィリピン国籍の男が暮らしていた建設会社の寮の一室に、拳銃や実弾の保管を依頼したなどとして、銃刀法違反(加重所持)の疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕されたのは、いずれも指定暴力団住吉会幸平一家堺組の組員の瓜生拓也容疑者(38)、松本洋容疑者(31)ら3人だ。

(関連記事:<松戸銃撃事件>稲川会系暴力団幹部が逮捕…これで逮捕者は23人に

(関連記事:【アメリカ発】元NBA選手が警察と銃撃戦の末に死亡…自殺か?

(関連記事:【動画】式典の最中に銃撃…フィリピンの市長を暗殺した反社会的勢力の正体

別の容疑者を全国に指名手配