<栃木市強盗殺人事件>とび職の男など容疑者2人逮捕

父子を死傷させ現金30万円などを強奪した疑い

栃木県栃木市の住宅で父子2人が死傷して現金などが奪われる事件が発生し、強盗殺人などの疑いで容疑者2人が逮捕された。

今月29日、潜伏先の千葉県内で、栃木県警捜査1課と栃木警察署の合同捜査本部に強盗殺人と強盗致傷の疑いで逮捕されたのは、栃木市平柳町の自称とび職・石崎太容疑者(34)と、宇都宮市の無職の少年(19)の2人だ。

捜査関係者によると、2人は共謀して、26日未明に栃木市柏倉町の大阿久徳次さん(当時82)宅に侵入。大阿久徳次さんに暴行を加えて殺害し、さらに同居していた長男の正一さん(59)にも暴行を加え大けがをさせたほか、現金約30万円と銀行の預金通帳3冊などを奪ったという。

(関連記事:【速報】滋賀「日野町事件」の再審が決定…真の強盗殺人犯は?

(関連記事:【速報】<オウム真理教>残る元幹部6人への死刑執行

(関連記事:【暴力組織過密地帯】ミナミの半グレ「軍団立石」メンバーが強盗致傷で逮捕

(関連記事:<大口病院中毒死事件>元看護師が男性患者を〝殺害〟…動機を供述

(関連記事:<一家11人集団自殺事件>犯人がいる? インド式の〝儀式〟?

「父親の部屋に行ったら男に殴られるなどをして、意識を失った」