岐阜市議会議員団の40歳長男が覚醒剤使用の疑いで逮捕

自ら「覚醒剤を使ったので自首したい」と電話

共産党岐阜市議団の団長の長男が覚醒剤を使用した疑いで逮捕された。

7月31日までに覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで岐阜県警中警察署に逮捕されたのは、岐阜市大洞柏台の生活支援員・堀田哲史容疑者(40)だ。

捜査県警者によると、7月30日午後4時30分頃、堀田哲史容疑者が自ら警察に「覚醒剤を使ったので自首したい」と電話。駆け付けた警察官が自宅にいた堀田哲史容疑者を中警察署に任意同行し、その場で尿検査を実施したところ、覚醒剤の陽性反応が出たようだ。

(関連記事:クスリ乱用? 大阪・通天閣の街中で覚醒剤を飲み込んだ男が死亡

(関連記事:「お中元」菓子箱に覚醒剤6000万円分所持…住吉会系暴力団幹部が逮捕

(関連記事:〝紀州のドン・ファン怪死〟ビール瓶を押収し覚醒剤混入を鑑定へ

(関連記事:「試合で負けられない」女子プロレスラー浜田文子が覚醒剤使用で逮捕

(関連記事:【また覚醒剤使用で逮捕】〝仮面ライダー俳優〟が薬物に溺れた理由は?

父は「本人には全面的に捜査に協力し、立ち直ってほしい」とコメント