愛知県一帯で強姦を繰り返した幼なじみの〝レイプ魔〟を再逮捕

被害者は20歳と17歳、ほかにも余罪が?

今年5月、愛知県小牧市で20歳の女性を畑に連れ込んで性的暴行を加えた疑いで逮捕されていた2人の男が、別の17歳の女性にも強制性交などをした疑いで再逮捕された。

愛知県警捜査1課に再逮捕されたのは、愛知県春日井市高山町の無職・吉岡友喜容疑者(22)と、名古屋市守山区瀬古東の会社員・吉村勇祐(ゆうすけ)容疑者(22)の2人だ。

捜査関係者の話によると、2人は5月29日午後9時過ぎ、小牧市の路上を歩いていた女性(20)を畑に連れ込んで乱暴をした強制性交などの疑いで、7月19日になって愛知県警捜査1課と小牧署に逮捕されていた。しかし、逮捕された際、余罪などが数十件あると供述。これを受けて、愛知県警捜査1課が顔写真などを公開して、被害に遭った女性を安心させつつ、情報提供などを広く呼び掛けていた。

(関連記事:サラダに睡眠導入剤…寝込んだ女性に乱暴した男が逮捕

(関連記事:【逆レイプ】元彼氏を刃物で脅したアメリカの「性交強要女」が逮捕

(関連記事:キャバ嬢に睡眠導入剤を飲ませて性交しようとした信金職員の男が逮捕

(関連記事:1人の女性に8人で性的暴行を加えた富山市の男らを逮捕

幼なじみのレイプ魔、一人は国を守る元自衛官だった