【宮城】住宅街で手榴弾・拳銃を隠れて所持…暴力団幹部らが逮捕

空き家の2階に手榴弾1個と拳銃2丁、実弾100発以上を所持か

住宅街で手榴弾や拳銃を隠し持っていたとして、暴力団幹部らが逮捕された。

8月3日までに、宮城県警銃器薬物対策課と仙台北署に爆発物取締罰則違反と銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団住吉会系二次組織幹部で名取市相互台東の無職・伊藤史博容疑者(59)と住所不定、無職の桐原忠文容疑者(54)だ。

捜査関係者の話によると、2人は共謀して、2016年2月25日午前9時頃、宮城県仙台市国見ケ丘5丁目の空き家の2階で手榴弾1個と拳銃2丁、実弾100発以上隠し持っていた疑いが持たれている。

(関連記事:総額4000万円? 風俗店からミカジメ料を受け取った暴力団幹部が逮捕

(関連記事:「お中元」菓子箱に覚醒剤6000万円分所持…住吉会系暴力団幹部が逮捕

(関連記事:<松戸銃撃事件>稲川会系暴力団幹部が逮捕…これで逮捕者は23人に

(関連記事:【続報】質屋を舞台にしたカード詐欺事件…新たに住吉会系組長が逮捕

(関連記事:準暴力団「大田連合」OBグループの幹部の男を傷害容疑で逮捕

撤去する際、近隣の住民ら70人を避難させ…