【コロンビア発】銃乱射事件で9人虐殺…反政府組織の争いか?

2つの反政府ゲリラ組織はともに犯行を否定する声明を発表

もともと、この地域はカタツンボ河に面した世界的な「コカ」の栽培地域の一つで、以前はコロンビア革命軍が周辺の地域の支配権を手にしていた。しかし、上述の通り、コロンビア革命軍が武装解除に応じて解体したのち、「民族解放軍」と「人民解放軍」という別の反政府ゲリラ組織が、〝金のなる木〟とも言えるこの近辺の支配権を求めて争っていたという。しかし、この2つの組織はともに、犯行を否定する声明を出している。

では、この虐殺事件を起こしたのは誰なのか? 現地の新聞であるラ・オピニオンによれば、この虐殺はこうした支配権を争う紛争の一環として行われたものではなく、人民解放軍との和平交渉に反対して武装したコロンビア革命軍の残党の間で起きたものではないかと報道している。事実、死亡した9人の中には、コロンビア解放軍のメンバーが4人含まれているとされる。

果たして、今回の事件が反政府組織の領地争いによるものなのか、別の存在による犯行なのか――。それは今後の捜査の進展を注目していくほかないが、少なくともコロンビアもまた、依然として安全な国だと言えないのが現状のようだ。

【話題の記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?
【話題の記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!
【話題の記事:飛田新地の風俗嬢に堕ちた!? ANRIこと坂口杏里の行方を追う
【話題の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露
【話題の記事:<TOKIO山口事件>「本当にキスだけだった?」捜査関係者が暴露

(文◎コリス東条)