8月8日は「世界猫の日」不幸なペット増やさないためにやるべきこと

8月8日が「世界猫の日」と制定された理由とは?

みなさん、この8月8日が何の日か、ご存じだろうか?

この8月8日は「世界猫の日(World Cat Day)」だという。

「猫の日は2月22日じゃないの?」と思う猫好きの方も多いだろうが、どうやらそれは「〝日本限定〟猫の日」のようだ。

日本が2月22日を猫の日としている理由についてネット上では、猫好きの英文学者・柳瀬尚紀によって発足された「猫の日実行(制定)委員会」なる団体がペットフード協会と協力。一般公募で最も多かった2月22日を、1987年に「猫の日」に制定したとする説が濃厚である。真相は明らかではないものの、猫は「にゃん」と鳴くことから自然と言えば自然であり、今では公然の事実となっている。

実は、「猫の日」というのは世界各国がそれぞれ制定しているようで、イタリアは2月17日、ロシアは3月1日、台湾は4月4日、アメリカは10月29日といった具合に、バラバラである。ところが、世界共通の「世界猫の日」とされているのが8月8日なのだ。この「世界猫の日」については、公式HPにもそのような記述があるが、動物愛護団体・国際動物福祉基金(IFAW)が決めた日である。

(関連記事:「多頭飼育崩壊」猫45匹を飼っていた女性が強制退去、狂気の現場
【話題の記事:<ボクシング連盟・山根会長>日本ボクシングを再興する会が明かす新事実
【話題の記事:【B’z】ライブでファンが暴走? 出禁になっても「次のライブも行く」?
【話題の記事:【動物虐待】大炎上中の問題番組〝見るに絶えないシーン〟とは?
【話題の記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!

飼い主としての責任、猫およびその他の野生動物に対しての安全とは