ロスから大量の大麻を国際郵便の中に隠して密輸したグループが摘発

国際郵便の中に乾燥大麻4.3㌔を隠して密輸した疑い

アメリカ・ロサンゼルスから大量の乾燥大麻・覚醒剤を送った男らが逮捕・送検された。

今月9日に、埼玉県警、警視庁、東京税関に大麻取締法違反(営利目的密輸入)などの疑いで逮捕・送検されたのは、住所不定で無職の渡辺瞬容疑者(24)ら、20代から40代の複数の男女だ。

捜査関係者の話によると、渡辺瞬容疑者らは共謀して3月下旬から4月上旬にかけて、渡米先のアメリカ・ロサンゼルスから、東京都荒川区、埼玉県さいたま市、同県ふじみ野市宛てに、小分けにして国際郵便の中に乾燥大麻4.3㌔を隠して密輸した疑いが持たれているという。

(話題の記事:【B’z】ライブでファンが暴走? 出禁になっても「次のライブも行く」?

(話題の記事:【動物虐待】大炎上中の問題番組〝見るに絶えないシーン〟とは?

(話題の記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!

(話題の記事:八百長工作、不正流用…アマ・ボクシング界のドン「暴かれた独裁体制」

(話題の記事:<ボクシング連盟・山根会長>解任? 追放? 何かが明かされる?

関係先から大量の覚醒剤、注射器、計量器なども押収