【初摘発】電子タバコのリキッドに覚醒剤を混入させた男女が逮捕

「いずれ誰かがやるだろうと見られていた」

電子タバコとは、「リキッド」と呼ばれる液体を混入させ、その蒸気を吸引する方式のタバコで、かつて一般的だった紙巻きタバコと違い、近年人気となっている。流行っている電子タバコとして、「IQOS(アイコス)」、「glo(グロー)」、「Ploom TECH(プルーム テック)」などが電子タバコとは呼ばず、加熱式タバコとして市販されている。

電子タバコのリキッドは購入が容易で、覚醒剤を入れたリキッドも手軽に持ち運びができる。

今回の覚醒剤混入事件に対し、覚醒剤に詳しい事情通のA氏は、次のように語った。

「電子タバコのリキッドに覚醒剤を混入させる手口は、誰もが思いつくもので、いずれ誰かがやるだろうと見られていた。覚醒剤の流通ルートの一つである熊本で摘発されたことから、このようなリキッドは全国に出回っている可能性が高い」

実際、電子タバコのリキッドにニコチンが混入されて摘発された事例は当サイトでもお伝えした通りだが、それ以外に大麻や違法薬物が混入された手口も確認されているという。

(関連記事:電子タバコ用のリキッドにニコチン含有 東京都が販売中止・回収へ

熊本県警は2人が密売に関係した疑いもあるとみて、引き続き流通ルートなども調べているという。

【話題の記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?
【話題の記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!
【話題の記事:飛田新地の風俗嬢に堕ちた!? ANRIこと坂口杏里の行方を追う
【話題の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露
【話題の記事:<TOKIO山口事件>「本当にキスだけだった?」捜査関係者が暴露

(文◎中田一行)