「ヤクザなめてんのか」ミカジメ料恐喝? 六代目山口組系幹部が逮捕

300万円を脅し取った疑いの二代目兼一会会長らが逮捕

大阪の有名繁華街、ミナミ周辺で半グレを含む〝闇・勢力地図〟がいま、塗り替えられつつある事実については、当サイトでも報じているので、以下をご参照いただきたい。

(関連記事:【暴力組織過密地帯】大阪・ミナミ周辺で〝三つ巴の戦い〟勃発寸前?

(関連記事:【暴力組織過密地帯】ミナミの半グレ「軍団立石」メンバーが強盗致傷で逮捕

(関連記事:<大阪ミナミで殺人>道頓堀川に知人を突き落とした風俗店店長が逮捕

そのミナミに拠点を構える指定暴力団六代目山口組直系団体極心連合会最高幹部で二代目兼一会会長、大阪市中央区島之内の植野雄仁こと金圭轍容疑者(66)ら2人が、今月8日、恐喝の疑いで京都府警に逮捕された。

捜査関係者の話によると、金圭轍容疑者らは神戸山口組系の組織だった昨年10月から11月に、京都市内の飲食店運営会社の男性役員に対し、「新しく祇園に店を出すなら50万円。ヤクザなめてんのか」などと脅迫し、300万円の現金をミカジメ料として脅し取ったという。

(関連記事: 神戸山口組がTwitterを開始…その余波を大胆予測する

(関連記事:祭りでの仕事を強要か?六代目山口組直系団体の組長が逮捕

ミナミの兼一会と祇園の間には、実は深い縁が