<富田林脱走事件>依然逃走中…警察署から脱走した凶悪犯の行方は?

3000人の警察官に行方を追われる容疑者は、いまどこに?

8月12日夜に大阪府富田林署の面会室のアクリル板を破壊して逃亡した樋田淳也(ひだ・じゅんや)容疑者(30)が、加重逃走の疑いで全国に指名手配されてから6日が経過しているが、まだ逃走中である。

樋田淳也容疑者は今年6月に、20代の女性に対して窃盗と強制性交の疑いで逮捕・起訴され、8月には強制性交未遂の疑いで再逮捕されていた。また、5月2日には大阪府警羽曳野警察署の駐車場で自身が関与した事件の捜査車両放火事件についても似た男が防犯カメラに映っていたことから、大阪府警捜査1課が捜査を続けていた。

捜査関係者の話によると、樋田淳也容疑者は、富田林警察署から逃走直後、近隣に止めてあった赤い自転車を窃盗。大阪市羽曳野市内でその自転車を乗り捨てたと見られており、樋田淳也容疑者の実家がある同県松原市内で13日までに黒のミニバイクの盗難届があったことから、このミニバイクに乗り換えて、大阪府内で相次いでいるひったくり事件に関わっている可能性が高いという。

また、13日の夜から15日にかけて、羽曳野市、大阪市平野区、同市生野区、同市東住吉区などでミニバイクに乗った人間によるひったくり事件が相次いで発生しており、手口が樋田淳也容疑者のものと類似しているために、現金を盗みながら逃走している疑いもあると指摘されている。

(関連記事:【松山刑務所から脱獄】指名手配された平尾龍磨容疑者の素顔を公開

(関連記事:メキシコで大物囚人2人はなぜ刑務所から堂々と脱獄できたのか?

(関連記事:【ペルー発】性的虐待・強盗犯が脱獄に成功した〝斬新な手法〟とは?

(関連記事:タイ刑務所で25人が集団脱獄!囚人はなぜトルコを目指すのか?

容疑者が? 捜査を攪乱する動きも…