3人死亡…千葉トラック横転事故、背景に「過積載」という業界の闇が

左折トラックが横倒し…軽自動車に乗る3人が押し潰され死亡

千葉市の路上で左折する大型トラックが横転。これにより対向車線にいた軽乗用車が押し潰され、乗車していた家族3人が死亡するという悲劇が起きた。

事故が起きたのは今月8日の午前8時45分頃。千葉市若葉区中野町の県道交差点で、鉄筋を積載していた大型トレーラーが横転し、対向車線で信号待ちをしていた軽乗用車が下敷きになった。この事故で軽自動車に乗っていた不動産会社役員の吉田亮さん(43)と妻の葵さん(37)、父の隆さん(70)の3人が車内に閉じ込められ、約6時間後に救出されたものの、その後死亡が確認されている。

この事故で同9日朝、千葉県警察本部千葉東警察署は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で大型トレーラーを運転していた千葉県八千代市の会社員、在原伸悟容疑者(26)を現行犯逮捕した。

捜査関係者によると、在原伸悟容疑者は「鉄筋を37㌧分積んでいた。左折の際、バランスを崩し横転してしまった」などと話しているという。

(関連記事:<堺市・あおり運転殺人>〝1分間の映像〟が決め手で殺人罪適用

(関連記事:あおり運転3㌔…窓から身を乗り出して脅した男を逮捕

(関連記事:<渋谷スクランブル交差点暴走事件>Twitterで犯人特定、逮捕

(関連記事:時速160㌔で暴走…5人を死傷させた男にくだった判決とは?

(関連記事:車で自転車男性を1.5㌔引きずる…殺人未遂容疑で男女を逮捕

事件の背景にある「過積載問題」という運送業界の闇