3人死亡…千葉トラック横転事故、背景に「過積載」という業界の闇が

取り締まりを逃れるために横行するあくどい手口を暴露

「過積載を取り締まるためには、車両全体の重量を測定する量りが必要です。正式には『台貫』と呼ばれる車両用の量りは高速道路や国道沿いなどに設置されいますが、トラックなどの大型車両を測定するには、かなりの面積を必要とします。そのため、設置する場所に限りがあり、運送業界では過積載状態で走行をする際には、台貫の設置場所を避けて走行したり、台貫での検問が行われないとされる夜間などの時間帯に走行するという手口が横行しています。車両への電子制御技術が発達した現在では、スピードリミッターのように、車両が過積載を検知して走行できないようにするなどの、新た対策が必要なのではないでしょうか」

未だに横行しているという過積載問題。今回のような横転事故だけでなく、ブレーキが制御不能に陥ったり、ホイルの脱落、タイヤの破裂などして、様々な事故を引き起こす危険性を秘めている。

もはや事故ではなく、事件と言っても過言ではない過積載問題。早急な対策が求められている。

【話題の記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!
【話題の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露
【話題の記事:【B’z】ライブでファンが暴走? 出禁になっても「次のライブも行く」?
【話題の記事:【暴力組織過密地帯】ミナミの半グレ「軍団立石」メンバーが強盗致傷で逮捕
【話題の記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?

(文◎四菱紘淳)