女性巡査が高速道路爆走!「寝坊」で75㌔の速度超過という大失態

高速道路を時速175㌔で爆走!運転手はまさかの女性警察官!!

国民が安心して暮らすために、不可欠の存在だと言える警察官。しかし、彼らももちろん人間である以上、罪を犯すこともあるのは、これまでの多くの犯罪・事件でご承知のことだろう。

8月末、自分の10代の娘にわいせつな行為をしたとして兵庫県警に勤務する40代の巡査長の男が監護者わいせつ容疑で逮捕されたほか、同月7日にはアパートの敷地内や路上で下半身を露出していた北海道警の巡査部長が公然わいせつの罪で逮捕されるなど、こうした事例は枚挙に暇がない。そんな中、またしても、警察官により不祥事が露見し、ネットを中心に話題を集めている。

時事通信などが今月3日に伝えたところによると、新潟県警は同日、高速道路を時速175㌔で走行したとして、地域課に勤務する23歳の女性巡査を書類送検したという。この「爆走騒動」が起きたのは、7月4日の午前7時45分頃。巡査は、新潟県内の高速道路を公用車で運転する際、法定速度を75㌔以上超過して走行していたというのだ。

(関連記事:北海道のひき逃げ事件、犯人は道警の現職警察官だった!!

(関連記事:<三重>覆面パトカー運転中に警察官が自損事故を起こし死亡

(関連記事:【大阪・奈良で暴走】警察官を振り切りひき逃げ・逃走した男が逮捕

(関連記事:職務質問してきた警察官をはねて逃走していた容疑者が逮捕

(関連記事:【速報】富山県で警察官1人死亡、2人重体…警察官が刺され拳銃を奪われる

「何としても間に合わせなければならないという一心で」まさかの供述