三田佳子さん次男、覚醒剤で4度目逮捕…清水健太郎氏が実態を語る

半グレたちに利用されてきた容疑者、「立ち直ると信じている」

実際に高橋祐也容疑者は、2000年5月に起きた関東連合を当事者とする「トーヨーボール殺人事件」で、犯人らが犯行時に使用した犯行車両が三田佳子さん名義のものであったことが発覚するなど、関東連合との付き合いも公然の事実となっていた。母親の知名度などからも、「半グレ」たちに利用されていたのだろう。清水健太郎氏は、これらを断ち切る必要があると言うのだ。

「俺は彼が立ち直ると信じています。一緒に戦いましょう。俺は協力を求められたら、いつでも駆け付けますよ。自分で幸せを見つければ、立ち直ることができるはずです。芸能界の人間を見返しましょうよ。出来るはずです」(清水健太郎氏)

11日、高橋祐也容疑者の自宅がある渋谷区代官山では、家宅捜査が行われている。

調べに対して、高橋祐也容疑者は容疑を認めている。

【話題の記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!
【話題の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露
【話題の記事:【B’z】ライブでファンが暴走? 出禁になっても「次のライブも行く」?
【話題の記事:【暴力組織過密地帯】ミナミの半グレ「軍団立石」メンバーが強盗致傷で逮捕
【話題の記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?

(文◎RNO編集部)