深刻な海洋汚染…毎日ポイ捨てされるアレがストローよりヤバかった!?

大手外食チェーンがストロー禁止を発表、だが本当にヤバいのは…

「マイクロプラスチック」、あるいは「マイクロビーズ」という言葉をご存じだろうか。これは、きわめて小さな粒子になったプラスチックのことで、海洋汚染の原因となると言われている問題物質だ。現在、これらの排出を減らそうというのが、世界的な潮流となっている。

日本では、ガストを始めとした外食チェーンを展開するすかいらーくホールディングスが、プラスチック製ストローの使用を基本的に禁止すると発表するなど、こうした流れに追随する動きが見られつつある。そんな中で、このプラスチック汚染が、意外なものからもたらされていることが分かり、注目を集めている。

今月4日、ネット系ニュースサイト「GIGAGINE」が報じたところによれば、アメリカの放送局であるNBCニュースが海洋汚染について、「現在、話題になっているプラスチックのストローよりも、タバコのフィルターが大きな問題となっている」と報じたという。現在、タバコは毎年、全世界で5兆6000億本ほど生産されているが、その3分の2は適切に廃棄されておらず、それらについているフィルターが海洋汚染の原因となっているようだ。

(関連記事:8月8日は「世界猫の日」不幸なペット増やさないためにやるべきこと
(関連記事:【効果なし?】東京都「打ち水大作戦2018」をめぐる〝水かけ論〟
(関連記事:野菜に含まれる栄養素減少…現代人が食べても食べても栄養不足なワケ
(関連記事:<列島猛暑>生徒の熱中症事故続出…原因は〝旧態依然〟の体質か?
(関連記事:「多頭飼育崩壊」猫45匹を飼っていた女性が強制退去、狂気の現場

フィルター部が自然界で分解されるのには10年以上の時間が必要