みかじめ料毎月5万円を要求…恐喝の疑いで住吉会系組幹部が逮捕

「この辺の相場は毎月5万円」

千葉県柏市内のマッサージ店からみかじめ料を脅し取っていた疑いで、指定暴力団住吉会系の暴力団組員が逮捕された。

今月27日、警視庁本所警察署に恐喝の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団住吉会直系団体馬橋一家系組幹部、千葉県柏市、増田久忍雄(くにお)容疑者(51)だ。

捜査関係者の話によると、増田久忍雄容疑者は柏市でマッサージ店を経営する男性から、2016年3月から今年9月まで、およそ2年半にわたり、30回ほど、みかじめ料として現金84万円を脅し取った疑いが持たれているという。

増田久忍雄容疑者は被害者男性に、「この辺の相場は毎月5万円だから、みかじめを払え」「断ってもいいけど、それなら分かってるだろ」などの脅し文句を並べたという。しかし、被害者男性が払えないと拒んだところ、増田久忍雄容疑者はさらに「最低でも3万円は払え。毎月末に集金に来るから」などと脅したとみられている。

(関連記事:2500万円恐喝した疑い…神戸山口組幹部が恐喝の疑いで逮捕
(関連記事:指定暴力団住吉会系組員が偽一万円札使用で逮捕、組織的な犯行か?
(関連記事:東日本大震災の慈善団体と偽り金を騙し取った疑いで暴力団幹部ら逮捕
(関連記事:「コルク狩り」暴力団組員と駒込一家の少年5人らが恐喝容疑で逮捕
(関連記事:三田佳子さん次男、覚醒剤で4度目逮捕…清水健太郎氏が実態を語る

「金を受け取ったが、語気鋭くは言っていない」