【売却益500万円】スマホ140台を詐取した男女3人が逮捕

騙し取ったスマホを売却し500万円を得ていた容疑者ら

携帯電話の販売店から、休眠状態のダミー会社名義で、これまでにおよそ140台のスマートフォンを騙し取っていたとみられる男女3人が逮捕された。

今月27日、警視庁新宿警察署に詐欺の疑いで逮捕されたのは、埼玉県三郷市の会社役員、倉田光子容疑者(39)、住所不詳の高橋三智子容疑者(73)、東京都西東京市の元暴力団員、大槻卓哉容疑者(48)の男女3人だ。

捜査関係者の話によると、3人は2017年8月に、共謀して実態のないダミー会社名義で「会社業務で使用する」との理由で携帯電話販売店と契約。スマートフォン8台を騙し取った疑いが持たれているという。

(関連記事:4億円以上を騙し取った特殊詐欺グループ「受け子」の47歳女が逮捕
(関連記事:追跡2年以上…特殊詐欺グループの主犯格がようやく逮捕
(関連記事:メルカリで詐欺…高級ウイスキー〝偽物販売〟で荒稼ぎした2人が逮捕
(関連記事:【逃走中】警視庁が特殊詐欺「受け子」の男を指名手配
(関連記事:950万円詐取した特殊詐欺グループの「かけ子」のリーダー格逮捕

抜き取られたSIMカードは特殊詐欺に転用か?