【ルポ】西成・覚醒剤事情最前線…ますます水面下に潜る売買の現実

ドヤの一室から多量の覚醒剤と注射器が…この街のリアルな姿を追う

「覚醒剤が24時間買える街」

「犯罪者が流れ着く街」

として、全国的に知られる大阪市西成区・あいりん地区。

そのあいりん地区にあるドヤ(簡易宿泊所)の一室から、覚醒剤およそ25㌘と多量の注射器が発見されたのは、今年8月のことだった。

大阪府警薬物対策課と西成警察署は2018年4月、別の覚醒剤事件で逮捕されていた男の供述などから6月から8月にかけて内偵調査を行い、西成警察署の裏手にあるドヤを本拠として覚醒剤に密売を行っていたとして、いずれも住所不定・無職の43才と46才の男2人を逮捕した。

この男らは、現役の暴力団組員ではないものの、背後に暴力団関係者がいる可能性が高いとみて、警察では引き続き捜査を続けている。

なぜドヤの一室から多量の覚醒剤が発見されたのか? 地元の事情通A氏に話を聞いた。

(関連記事:高橋祐也容疑者4度目逮捕、覚醒剤を渡した「関東連合関係者」に逮捕状
(関連記事:NHK元「歌のお兄さん」が覚醒剤使用の疑いで逮捕、尿から陽性反応
(関連記事:クスリ乱用? 大阪・通天閣の街中で覚醒剤を飲み込んだ男が死亡
(関連記事:〝紀州のドン・ファン怪死〟ビール瓶を押収し覚醒剤混入を鑑定へ
(関連記事:「試合で負けられない」女子プロレスラー浜田文子が覚醒剤使用で逮捕

ドヤを使った新たな売買方法が確立され、岐路に立たされる売人たち