大物Hip-Hopプロデューサーが殺人罪で懲役28年!「アメリカ東西海岸戦争」余波

大物ラッパーの事実上の引退に、業界への影響は?

現在53歳のナイトが罪を償い終えるのは81歳となる2048年…。終身刑を免れたとはいえ、事実上の音楽シーンからの追放処分とも言われるこの判決に、良きにつけ悪きにつけ、感慨を覚える人が多いということだろうか。

ラップの中でも、暴力的な内容をテーマとするジャンルであるギャングスタ・ラップ。このジャンルの影響により、「ラップは不良の音楽」という印象が根付いたのは確かだが、現在はこうしたギャングスタ・ラップは衰退期にあると言われている。

そうした中で、シュグ・ナイトに言い渡される長期の懲役刑は、ある意味でこうしたラップ界における一つの象徴的な出来事になると言えるのかもしれない。

【話題の記事:「コルク狩り」暴力団組員と駒込一家の少年5人らが恐喝容疑で逮捕
【話題の記事:2500万円恐喝した疑い…神戸山口組幹部が恐喝の疑いで逮捕
【話題の記事:【動画あり】元モー娘。吉澤ひとみ容疑者〝飲酒ひき逃げ〟決定的映像!?
【話題の記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?
【話題の記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!

(文◎コリス東条)