Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アネット・コンタベイトとガルビネ・ムグルザがWTAファイナルズで試合に勝ちました

アネット・コンタベイトは、カロリナ・プリスコバを6-4 6-0で破り、WTAファイナルズの準決勝で順位を上げることで、連勝を12試合に延長しました。 25歳のエストニア人は、オストラバでのタイトルを含め、過去30試合のうち28試合で優勝しています。 このストレッチの前に、彼女はその年の19-13の記録を持っていました。

コンタベイトは金曜日に、「コートにいるのは本当に楽しかったし、楽しい時間を過ごした。それが私を上手くした主な理由だと思う。みんなを引き受けることができると感じている」と語った。シンシナティマスターズでドミトリー・トゥルスノフと一緒に、チャンピオンシップの第4ラウンドの場所。

「年末近くのすべての勝利は私に少しの自信を与えたと思う」とコンタベイトは言った。 「ボールは転がり始めたばかりです。新しいコーチからも良いアドバイスを受けていました。彼はチームに良い新しいエネルギーをもたらしたと思います。」

金曜日の後半の試合で、ガルビネ・ムグルザはバルボラ・クレイコワを2-6、6-3、6-4で破り、タイトルレースに残りました。 彼女のキャリアで2回目の準決勝に出場するには、スペイン人は日曜日(1-1)でコンタベイト(2-0)に勝利し、クレジコバがプリスコバ(1-1)に勝利する必要があります。

全仏オープンチャンピオンのクリジコバ(0-2)は敗退しませんが、プリスコバを2セットで破り、ムグルザに敗れる必要があります。 セカンドシードのクリジコバは、5回目と7回目のゲームでムグルザのサーブを破り、わずか36分で最初のセットを獲得しました。 しかし、ムグルザが戻ってきて、第4ゲームでクリチコバを破って3-1でリードし、第8ゲームでブレークを追加しました。

2018年と2019年にモンテレイでタイトルを獲得した後、自家製のお気に入りであるムグルザは、第3セットの第3ゲームで休憩を取り、勝ち続けました。 ダブルスでは、セカンドシードの青山翔子と白原伊那のチームがニコール・メレチョレ・マルティネスとデミ・ショアーズを6-4、7-6で破った(5)。 第7シードのダリヤ・ユラクとアンドレア・クリパックがサマンサ・ストーサーと張帥を破った場合、日本のデュオは準決勝に進出します。 トーナメントは、COVID-19パンデミックのために昨年キャンセルされました。 WTAファイナルズは今年グアダラハラでのみ開催され、イベントは2022年に中国の深センに戻る予定です。

READ  クリスティアーノロナウドは、マンチェスターユナイテッドに戻ることが正しい決断だった理由について話しました