Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アメリカの雰囲気と長年にわたる相撲の伝統が融合

アメリカの雰囲気と長年にわたる相撲の伝統が融合

胸をはだけた二人の大男がうやうやしくお辞儀をし、激しいデュエットでお互いに身を投げ、数秒で勝利に終わります。

しかし、土曜日の夕方に行われたこの戦いの場所は、東京でも大阪でもなく、ニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデンだった。 そこでは、騒々しいほぼ満員の観衆が、米国ではめったに見られない日本古来のスポーツである相撲を観戦することができた。

試合が始まる前、ほとんどの出席者と同じように相撲の試合を初めて生で観戦しようとしていたメリンダ・ウィルカーソンさんは、「才能あるアスリートたち」に会えると期待していると語った。 「彼らの中には、才能のある選手から指導を受けていた人もいました」と夫のブレットさんは説明した。 大きい 「天才アスリート」。

彼らはこれに成功した。 米国で一連の展示会を主催する世界相撲選手権大会の後援の下、体重210~397ポンドの12人の力士が出場した。

この大会は「世界選手権」と銘打たれていたが、参加者のレベルは年6大会ある日本のトップディビジョンのチャンピオンよりも低かった。

しかし、出席したレスラーの中には、2013年から2017年まで最高レベルで戦ったエジプト人、サンドストームとして知られるオスナ・アラシがトーナメント優勝候補の筆頭だった。

嵐はもともとボディビルダーであり、14歳で相撲の練習を始めました。 「最初は理解できませんでした。でも、こんなスポーツは他にありません。他のスポーツでは、点を失っても立ち上がって点を取り返すことができます。でも、相撲ではそれができます。」と嵐は言う。攻撃は 1 回だけです。勝てば負けです。」

相撲の試合では、2 人の競技者が土俵上で対戦し、それぞれが相手を土俵から投げ落とすか、地面に投げつけようとします。 掴んで、ひねって、投げて、あっという間に試合は終わりました。

日本では、トーナメントは 15 日間続き、レスラーは一晩に 1 回だけ対戦します。 スリルを求める観客を魅了し、一晩でトーナメントを終了するために、世界相撲選手権バージョンには 4 ラウンドが含まれており、競技者は 3 ラウンド中 2 ラウンドで勝利する必要があります。つまり、力士は一晩で 12 ラウンドを戦うことができます。変更された形式。

ルールは伝統的な相撲とは少し異なりましたが、雰囲気はさらに異なりました。

力士たちは、足を踏み鳴らして悪魔をリングから追い出したり、塩を投げて悪霊を殺すなど、日本でよく知られている手の込んだ儀式ではなく、試合前に軽く一礼する。

観衆はアメリカ人レスラーに向けて「USA」を叫んだ。 リング上のインタビューには、相撲よりも総合格闘技やプロレスに関連した健全な量の自慢も含まれていた。 日本の礼儀正しい行事で見られるよりもはるかに多くの罵り言葉があった。

リングアナウンサーは試合の宣伝マンとしての役割を全力で果たした。 試合前には選手同士が言葉を交わしているようにさえ見えた。 試合後のハグは儀式的なお辞儀と同じくらい一般的だった。

嵐は大男で、主催者によると身長は6フィート2インチ、体重は355ポンドだという。 しかし、大きな力士の中には体重が450ポンドに達する人もいます。 それにもかかわらず、背の低い男性にもチャンスはあります。 土曜日のカードに登場した小柄な男、ダークホースとして知られるモハメド・カマルは体重210ポンドだったが、賢さとポジショニングを駆使して準決勝に進出した。

嵐は体重を維持するため、毎日3~5食で8,000~10,000カロリーを摂取しているという。 彼は、主食として鶏肉や牛肉などの肉を2ポンド食べていると語った。 「魚に関しては、2~3ポンド食べます」と彼は付け加えた。 しかし、彼は砂糖の摂取を避けています。「砂糖は筋肉を殺すからです」。

チャンピオンシップに勝つためにただ食べることはできません。 嵐さんは毎日のトレーニングに2時間から4時間かかると言います。 「私たちのトレーニングの80%は脚です。私たちにとって主なことは下半身を鍛えることです。私たちは非常に柔軟でなければなりません。非常に強くなければなりません。非常に大きくなければなりません。」

2000年代、嵐は最高レベルの相撲で競い合った。 「相撲界のビッグネームたちと戦った」と彼は語った。 彼は、軽度のクラッシュでペナルティを受けたこともあり、日本のトップサーキットを去ったと語った。 問題は事故ではなく、ただ彼がハンドルを握っていたという事実だった――日本相撲協会は力士の運転を認めていない。

「日本では、力士は運転免許証を持っていても車を運転することはできません」と嵐は語った。 「あなたは神ですが、神が指導することはできません。」

土曜日にニューヨークの参加者は新しいイベントを楽しんだ。 出席したファンのクリス・フロミエさんは、「このスポーツの異なる文化を見るのは素晴らしいことだ」と述べ、「大きくて太った選手のことを思い浮かべるが、相手を出し抜く方法を知る精神力は私には信じられないほどだ」と語った。

嵐は決勝で、「ビッグベア」として知られる堂々たるロシアの格闘家ソスラン・ガグロエフと対戦し、第1ラウンドで相手をいとも簡単に持ち上げてリングの外に運び出すことに成功した。

しかし、嵐は相手を拒否し、「大熊はただの熊だ」と言い、「家に帰るか、安らかに休むかのどちらかだ」と警告した。

決勝戦で嵐はその言葉を確かめた。 最初の試合では、ベルトを握った二人の力士の間の(相撲基準での)長い格闘の後、嵐はガグロフをリングから押し出すことに成功した。 2番目の試合では、ロシア人は片足をブロックして勝利を収めることができた。 しかし、決定的な試合で、嵐はガグロロフを攻撃し、彼をリングから投げ落とすことに成功しました。

アメリカ人は伝統的なスポーツに対して珍しい見方をしているようです。 しかし、試合の間と試合後のサウンドトラックは、ニューヨークでは少し異なっていました。8 世紀の日本で「ロックンロール パート II」と「誰が犬を自由にさせたのか」を演奏していなかった場合は別です。

READ  10代の天才レスリング選手、藤波あかりが2度目の世界タイトルを獲得