Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アルケゴスの喪失とリスク管理の問題により、野村は米国の戦略を再考することを余儀なくされる可能性があります

米国で2番目に大きな収入源である野村ホールディングスの米国における卸売事業の将来は、米国のヘッジファンドであるアルケゴスキャピタルの崩壊​​が潜在的な数十億ドルの損失につながり、内部の支配を明らかにするため、疑問視されています。リスク。 アナリストは言う。

日本最大の証券会社は、3月下旬以降、アルケゴスによる大規模なレバレッジ賭けの巻き戻しに見舞われた数少ない大手金融機関の1つです。 野村は、2020年12月31日までの3四半期の純利益の約70%に相当する約20億ドルの潜在的損失の見積もりに加えて、信用格付けがダウングレードまたはレビュー中です。

“彼ら [Nomura] 三菱UFGモルガン・スタンレーのチーフアナリスト、辻野奈津茂氏は、家族資金の取り扱いを許可することは、家族資金の処理を許可することについてより困難であり、そのような事業のリスク許容レベルを下げると述べた。

株式や債券を取引し、北米の機関投資家に投資銀行サービスを提供する米国の卸売業者である野村は、2019年10月から12月までの第1四半期の最後の純損失以来、同社の収益回復の主要な推進力となっています。

日本国外での収益成長への依存は、国内での長年の非常に低い金利の結果です。 2020年3月現在、家計資産の半数以上が現金または銀行預金として保管されており、2020年3月現在、保険および年金基金に28.4%、有価証券に9.6%、投資ファンドに3.4%、債券に1.4%が割り当てられています。日本。 。 野村は、他のいくつかの日本の金融機関とともに、海外市場、特に米国にますます資金を割り当てています。

NLI Researchのチーフエクイティストラテジストである井出真吾氏は、アルケゴス事件は「野村に米国の家族ファンドとの取引をすべて見直し、これらの新しいファンドとの取引をしばらく停止することを確実に強いる」と述べた。

野村のオフショア戦略が復活したのはこれが初めてではない。 野村は2008年の金融危機の際にリーマンの資産を取得し、その後何年にもわたるコストの増加と削減が続きました。

注目株、でこぼこの乗り物

2020年12月期第3四半期の野村ホールディングスの米国卸売売上高は合計 ¥805億ドルで、昨年から9%増加しましたが、前四半期から15%減少しました。 同社のプレゼンテーション資料で、彼女は、青々とした製品が大幅に成長した一方で、減速は主にその事業の速度によるものであると述べた。

このセクターは、純売上高であった日本の小売仲介事業に次ぐ第2位でした。 ¥982億。 これは、四半期の会社の総純収益でした。 ¥4,021億。

米国のエクイティセクターからの収益も、野村の日本国外で最も急成長している株式事業であり、ほぼ2倍になりました。 ¥2020年の7月から9月の四半期に516億 ¥三菱UFGモルガン・スタンレーの分析によると、前年は266億ドル。

アナリストは、野村が2017年と2018年に米国事業を率いた奥田健太郎最高経営責任者の下でリスク管理慣行を見直している可能性が高いと述べた。野村はコメントを控え、これに対処するために適切な措置を講じ続けるとの3月26日の声明を繰り返した。問題。

米国と日本の金融規制当局は、アルケゴス事件後の問題の規模を調査し、さらに多くの銀行が関与しているかどうかを確認すると述べた。

信用力に疑問を呈した

S&Pグローバルレーティングスは、信用集中とヘッジ権限の観点から野村のリスク管理システムを検討すると述べた。 今のところ、安定した見通しで野村格付けをBBB +に維持しており、グループの収益性により、潜在的な損失がすぐに信用格付けに負担をかけることはないと付け加えた。

日本の格付投資情報会社は野村をA +からAに格下げし、ムーディーズは見通しを安定からネガティブに変更し、Baa1で格付けを維持しました。

「信用格付け、特にS&P、ムーディーズ、フィッチなどのグローバルな信用格付け機関によって発行されたものは、ほとんどのカウンターパーティがすぐに清算されない取引を行うために一定レベルの信用格付けを必要とするため、野村の卸売事業を行う能力に直接影響します」トレードオフなど」とモーニングスターのアナリスト、マイケル・メクダッド氏は語った。 「したがって、見通しが安定からネガティブに変わったとしても、野村は格付けを維持するためにもっと注意を払う必要があります。しかし、グローバルCRAは格付けを下げていないので、影響がそれほど大きくないと思わない限り。」

野村が潜在的な損失を示し、3月29日に債券売却計画をキャンセルした後、三菱UFJモルガンスタンレーとJPモルガンは、野村株をそれぞれオーバーウェイトからニュートラルに、ニュートラルからデフィクティブに格下げしました。

三菱UFJモルガン・スターリーは、3月31日に終了した第4四半期の野村利益予想を次の純損失に引き下げました。 ¥前回の見積もりを逆転させた1,451億 ¥749億の純利益。 JPモルガンは3月31日に終了する会計年度の野村の純利益予測を ¥から1,993億 ¥2,833億。

4月21日現在、米ドルは108.09円に相当します。

READ  調査の結果、日本企業はミャンマー軍事フンタと直接的なビジネス関係があることが判明しました。