Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インドはアジアバレーボール選手権で日本に敗れ、世界ランキングは108に下がった

インドは火曜日に日本に0-3で、2021年のアジアバレーボール選手権で最後のグループAの試合を失いました。 これは、カタールとバーレーンに先に敗れた後、インドが大会で3回目の敗北となり、次のラウンドでは試合から外れましたが、9対16のレーティングマッチを行います。

インド代表チームは、火曜日の2021年アジアバレーボール選手権で、再び残念なパフォーマンスで日本との最後のグループ戦に敗れました。 インドの打者は、ホストに3-0(25-15、25-15、25-18)で素直に提出し、グループの最後でフィニッシュしました。 以前、インドもバーレーンとカタールにストレートセットで敗れました。

各グループの2つの最高のチームがランキングマッチに進みます。 それとは別に、2つの予選はロシアでの2022FIVB男子バレーボール世界選手権の出場権を獲得します。 これで、インドは9位から16位までのランキングマッチでプレーします。

トーナメントの前の版では、2019年にインドは8位になりました。 次のラウンドに出場するために、インドは日本の世界第10位に勝つために必見の位置にありました。 しかし、ホストはその日とても良いことが証明され、インディアンにチャンスを与えませんでした。

トーナメントに出場したインドは76位でしたが、現在、世界では3回の敗北が108回にまで減少しています。 日本のキャプテンである石川祐希は18ポイントでトップスコアを獲得し、インドのカウンターパートであるKarthikAshokは9ポイントを獲得しました。

フェースブックでフォローして ここ

Twitterで私たちと連絡を取り合いましょう ここ

Instagramページを高く評価して共有する ここ

READ  Oleksandr Usykのチームは、AnthonyJoshuaが再戦条項を「アクティブ化」したことを発表しました| ボクシングのニュース