Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インドネシアとマレーシアが日本から寄贈されたコロナウイルスワクチンを受け取る



2021年6月30日、インドネシアの北スマトラにあるメダンのアダムマリク病院での予防接種ドライブ中に、女性がCOVID-19に対するSinovacワクチンの注射を受けました(AP Photo / Binsar Bakkara)

ジャカルタ/クアラルンプール(京堂)-インドネシアとマレーシアは、フィリピンやタイを含む東南アジア諸国への寄付の一環として、木曜日に日本からそれぞれ約100万回の新規コロナウイルスワクチンを受け取った。

日本は英国の会社アストラゼネカが開発したワクチンのバッチを同じ日に隣接する2か国に移しましたが、フィリピンとタイはそれぞれ7月8日と7月9日に同様の量を受け取ります。

これにより、日本が供給する国と地域の総数は、台湾とベトナムを含めて6つになります。

インドネシアのブディ・グナディ・サドキン保健相は記者団に対し、「この大規模な流行は、世界のすべての国が協力できる場合にのみ対処できる。単一の国が対処することは不可能である」と述べた。

彼は、日本が寄付したものの多くは、流行の影響を最も受けた場所に行くだろうと言った。

クアラルンプールで、マレーシアの科学技術革新大臣のカイリー・ジャマルディン氏は、「このワクチンは、特に7月の予防接種率の向上に貢献するだろう」と述べた。

彼は、日本政府の寄付により、保健当局はアストラゼネカの投与間隔を12週間から9週間に短縮できると述べた。

これとは別に、7月中旬の時点で、日本は、国連が支援するグローバルCOVAXワクチン共有プログラムを通じて、東南アジア、南アジア、太平洋諸島の国々に合計約1,100万回分のアストラゼネカワクチンを提供する予定です。

READ  東京知事がオリンピックに先駆けて倦怠感で休暇を取るNHK小池百合子ジャパニーズコビッド東京