Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウクライナでは水の使用量を40%削減する日本の技術を試験中

ウクライナでは水の使用量を40%削減する日本の技術を試験中

ウクライナでは、ヘルソン地域とムィコラーイウ地域の農家が、国内で初めて土壌水分を保護し、植物に有機栄養を供給する革新的なソリューションを導入しています。

日本からの寄付者のおかげで、彼らはこの無料の機会を得ることができました。 「統一社会」 USAIDのAGROプログラムが報告したこのプロジェクト。

この革新的な技術には、吸収性素材である有機ヒドロゲル製品の使用が含まれており、土壌内の水分を保持し、使用後に肥料に必要な栄養素に分解されます。 このソリューションはウクライナの農家にとっては新しいものですが、日本、インド、欧州連合の乾燥地域、米国ではよく知られています。

「沖縄島(日本)の50社以上の企業や個人が結集し、危険な農業地域で働くウクライナの農家に5,120kgの吸着剤を無料で提供し、カホフカ水力発電の破壊により最も大きな被害を受けた地域の生産性を潜在的に向上させることができるようになりました」駅。” 日本のパートナーが提供する革新的な製品のおかげで、ヘルソン地域とムィコラーイウ地域の125の農家は、灌漑用の水不足の問題に部分的に対処できるようになります。」 ウクライナコミュニティ協会事務局長イワン・スロボヤニク氏は語った。

EFポリマーと呼ばれる吸収材は、果物の皮などの有機廃棄物から作られた環境に優しい製品です。 そのヒドロゲルの粘稠度のおかげで、土壌中に水分を保持し、徐々に植物に水分を放出します。 したがって、吸収性素材により水の使用量を 40% 削減できます。 さらに、この製品は 100% 生分解性で堆肥化可能で、施肥コストを最大 20% 節約できます。

日本をはじめ世界各国で広く使用されている吸収材です。 播種時に土壌に適用されます。 その動作原理は、自重の最大 50 ~ 100 倍の水を吸収し、通常よりも 15 日間長く土壌中に水分を蓄え、その後ゆっくりと植物に放出することです。 これにより、干ばつによる作物へのストレスが軽減され、土壌浸食が防止されます。 180日後、生成物は分解し始め、有機肥料として機能します。 吸収剤の作用を開始するには、少なくとも 1 回の水やりまたは降雨で十分です。

日本とヨーロッパの農家からのフィードバックによると、この革新的なソリューションにより、乾燥地域の生産性が 10% ~ 30% 向上する可能性があります。 ウクライナでのその適用結果は、ウクライナ国立科学アカデミーの気候指向農業研究所の専門家と、ヘルソン地域とムィコラーイウ地域の農民自身によって研究される予定です。

READ  来週、2023 年 7 月 24 日: 米国、欧州連合、日本の金利。 技術利益