Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

エスクードパイクスピークリターンズ-GTPlanet

グランツーリスモ6 ZeroTheNorthの写真提供

グランツーリスモ7の次のアップデートは今週来ており、フランチャイズの最も象徴的な車の1つが10年ぶりに車の名簿に戻ってくるでしょう。

ポリポニーデジタルスタジオの山内一典氏はツイッターで最新情報を公開し、6月19日日曜日に、日付を指定せずに「来週まもなく」と発表した。

その上、山内は伝統となったものを投稿しました:プロフィールで更新のために来る車の車の写真ですが、それはかなり陰になっています。 これにより、アップデートにより3台の追加の車が提供されることが明らかになりました。これは GT7

3台の車を識別するのは非常に簡単なようです。特に最初の車は、巨大なスプリッター、巨大なリアスポイラー、巨大なルーフスクープのおかげでプレゼントのようなものになっています。

明らかに、それは鈴木エスクードパイクスピークです。これは、田嶋伸博が世界最高のレースに参加するために作られた、1,000馬力のヒルクライムカーです。

グランドビターラ(または日本ではエスクード)をベースにしたこの車は、ターボチャージャー付きのスズキV6(最初のモデルでは2.5リッター、後のモデルでは2.7リッター)を搭載し、薄い山の空気を処理するために4桁近くを生成します。 これはまた、海抜14,000フィートでもダウンフォースを生み出すことを目的とした巨大な翼を説明しています。

エスクードパイクスピークがデビュー グランツーリスモ2、後に1998年の車に置き換えられました-車は GT7 また、-から表示されます グランツーリスモ3 私に グランツーリスモ6。 それはそのばかげた速度のためだけでなく、特定の設定でゲームの物理学を破り、時速21億5000万マイルまで加速することができるという事実のためにファンのお気に入りになりました…

グランツーリスモ6 SeaNorris経由の画像

それは明らかに注目の的となるでしょうが、アップデートにはまだ2台の他の車もあります。 最初のものは最新のGr.3バージョンのようです スズキビジョングランツーリスモ

山内が以前のシルエットで明らかにしたときに識別に反した車両でしたが、はやぶさのオートバイエンジンと電力を組み合わせた面白いマシンです。 Gr.3は大きな翼とより大きな線量を追加する可能性がありますが、軽量のおかげでクラスの他のメンバーとのバランスを取るのは難しいでしょう。

これにより、1932年式フォードまたはデュースロードスターのコンバーチブルバージョンのように見える、シリーズの新しい3台目の車が残ります。 非常に人気のあるホットロッドであるため、より正確に特定するのは難しいです。これにより、ポリフォニーデジタルが過去にSEMAで遭遇した可能性が高くなります。

現在のアップデートでは、他に何かがゲームに登場する兆候はありませんが、ファンは新しいサーキット、そして新しいイベントと戦うことを望んでいます。

ローンチ後にゲームに到着したトラックは1つだけでした。これは、既存のトラックを非常に穏やかに再配置したバージョンで、24時間のレーンと開始/終了を追加しました。 CircuitdeSpa-フランコルシャン。 ギャップ 現在のGTワールドシリーズのスケジュール 7月1日は、新しいサイクルが可能であることを示していますが、必然ではありません。

さらに、プレイヤーはまだ車を売る能力がゲームに来るのを待っています、 山内先生 3月の「短期的」見通しとして、オープンロビー活動の問題はより制限的になりつつある GTスポーツコピーも多くの人にとって優先度が高いです。

特にプレイヤーが予想するように、そして私たちがより多くの情報を受け取ったときに、私たちはアップデートについてもっと知るでしょう-それでこのスペースを見てください!

グランツーリスモ7アップデートに関するその他の記事をご覧ください。

READ  PlayStation VR 2の秘密のスペックは印象的だと、DigitalFoundryは主張しています