Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

エピデミック、気候危機-ますます多くの若い日本人が本の中でカール・マルクスを見ています

気候変動の世界的な課題が増大し、コロナウイルスの流行が経済的不均衡を拡大するにつれて、資本主義の矛盾と限界を指摘したカール・マルクスは、特に若者の間で、日本で新しいファンを獲得しています。

ブームは、昨年9月に出版されたベストセラーの本で、環境保護の観点から19世紀のドイツの思想家の種子「資本論」に記述された理論を再考した大阪市立大学の34歳の准教授によって促進されました。

その中で斎藤幸平は、国連が設定した持続可能な開発目標を達成することは、現代資本主義の下で「丸い三角形を描く」ことと同じくらい不可能であると主張しました。

この本の成功は、日本の公共放送からの電話につながりました 日本放送協会 1月に放映された番組で、フルタイトル「資本論:政治経済批評」で英語で知られるマルクスの基本的な理論的テキストの説明を提示する。

「コロナウイルスの発生時に社会的に脆弱な人々だけが戦っていたのを見て、多くの人々が資本主義の矛盾に気づいた」と斎藤氏は最近のインタビューで京都ニュースに語った。

冷戦や1960年代の大衆学生の闘いを思い出せない若者たちは、サイトがこのプロジェクトで話し合ったアイデアに強い関心を持っていました。 マルクスの読みにくい作品が放送される前に、斎藤の簡略化された教科書版を出版した20代から30代の人々からの手紙がNHK出版に注がれました。

シングルマザーは、都市から田舎への移動について書きました。そこで彼女は現在、農民としての新しい生活を楽しんでいます。 「私は大量消費の値からの変更を実践したかった」と彼は言った。

彼は、齋藤マルクスに触発された「ディクロス共産主義」の理論を提唱し、経済発展において社会的および環境的幸福を優先する人道的な道をたどることによって、社会は資本主義の下での大量生産と大量消費の永続的なサイクルを止めることができると主張する。

この本の成功は、マルクス主義思想への関心のルネッサンスを引き起こしました。

東京・丸の内地区にある書店チェーン「マルサン」の本店では、「マルクスのリニューアル」という特別コーナーを開設しました。 マルクスブックコーナーの澤木信亜氏は、「コロナウイルスで家に閉じ込められた人々の要求が、人類に関するこれらの難しいトピックを取り上げる動機となっている」と語った。

秘密警察は、主に若い男性と女性が2か月でマルクスをテーマにしたトピックの約1,600部を購入したと述べた。

資本主義の出現により1818年にドイツで生まれたマルクスは、1867年に最初の巻が登場した「資本論」で資本主義的生産様式の経済的基盤を明らかにすることを目的としていました。

マルクスは、労働者の搾取と環境破壊がますます深刻になっている社会を分析し、その結果として大惨事を予測しました。

当初、彼はフランス人の表現を使って、「死んだら洪水の世話をすることができる」と説明し、資本主義の傲慢さと利己主義を皮肉な方法で説明しました。彼がいなくなった後。

現代では、故人類学者のデイビッド・グラバーや経済学者のトーマス・ピケットなどの影響力のある思想家は、富が最初の1%の手に蓄積され、来たるべき「洪水」の兆候であるギャップの拡大を指摘しています。

一方、ジャーナリストのナオミ・クラインのように、制限のない資本主義によって引き起こされた気候危機について話す人もいます。これらはすべて最近の国際的な売り上げです。

日本共産党が財政破綻の最中に会員数を増やしている中、2009年5月11日に東京でカール・マルクスの漫画「資本論」を読む日本人男性。 労働市場の規制緩和により、企業は労働者の雇用と解雇が容易になり、日本の伝統的な仕事は、次の世代が雇用市場に参入するための不確実性と低賃金をもたらしました。 日本は世界で2番目に大きな経済かもしれませんが、1945年以来最悪の衰退に見舞われているため、企業の草の根運動は、企業のタイタンが赤字になり、雇用が減少するにつれて、資本主義システムに疑問を呈し始めました。 (AFP / AFP)

福音主義活動家の環境社会学者として、斉藤はマルクスについての彼の見解をNHKの「100分で傑作」で説明しました。これは専門家が毎月放送される4つの25分セグメントで人気がありしばしば難しい仕事を説明するためのフォーラムを提供します。

彼の日本書は25万部以上出版され、「資本の人類学」と題され、編集者、書店スタッフ、新聞記者によって選ばれた「2021年新刊賞」を受賞しました。

「多くの若者が彼の本を見つけたのは、国や機関が環境破壊に関与していると非難したクレタ・ダンバーグの影響を受けたからだ」と本の著者は述べた。

2018年に彼が英語で出版した別の本(元のドイツ語から翻訳したもの)で名誉あるドイッチャー記念賞を受賞したのは、斎藤が資本主義に内在する環境危機を見たが、政治経済学に対する批判を未完成のままにしたと主張している。

マルクスは晩年、齋藤はブルジョア支配が環境に与える壊滅的な影響をよく知っていたと主張している。 齋藤は、「代謝核分裂」という重要な概念を用いて、資本主義下の環境危機の動向を説明します。

マイノリティの「3.5%体制」を提唱し、非暴力的な闘いを通じて社会的、経済的、政治的変化をもたらしたと主張する齋藤氏は、「私たちは将来のバッククロスの限界に達した」と述べた。

「人口の3.5%が暴力なしに増加すれば、社会は変わるでしょう。私は行動を奨励したいです」と斎藤は言いました。

READ  セルティックスターのキョウコは、日本のスターが帰国する準備をしているときにトレーニング写真で見られました