Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オランダはデンマークとフランスが続くように設定された最も厳しいCovid縁石を持ち上げます| コロナウイルス

The オランダ 最もタフなCovidコントロールを解除しました。 デンマーク 数日以内にすべての制限を削除し、 フランス すべてではありませんが、多くのEU諸国が記録的な感染数にもかかわらず再開することを選択しているため、来週は縁石の緩和を開始します。

データが示すように、病院と集中治療室への入院が症例に沿って急増しておらず、世界保健機関がオミクロンの亜種を示唆した後、この動きは伝染性が高いが、通常はワクチン接種を受けた人々にとってはそれほど深刻ではないことを示しています。パンデミックの管理可能な段階。

オランダのバー、レストラン、美術館は、首相のマーク・ルッテ氏が、事件数が毎日の最高値を更新し続けているため、政府は「可能な限りの限界の再開を意識的に探している」と述べた後、水曜日に許可された。

集中治療室への入室と死亡は、しかし、 オランダ、および保健大臣のエルンスト・カイパースは、制限措置を延長する決定は「私たちの健康と私たちの社会に害を及ぼす」リスクがあるだろうと述べた。

12月中旬以降閉鎖されたカフェ、バー、レストランは、容量を減らして午後10時まで再開できます。ただし、顧客がCovidパスを持っている限り、映画館、劇場、美術館、スポーツイベントも一般の人々を歓迎します。

The デンマーク語 2週間前に映画館と音楽会場が1か月の閉鎖後に再開することを許可した政府も、水曜日に残りの国内コロナウイルス制御を2月1日から廃止する計画を発表しました。 議会の承認が必要なこの移転により、ナイトクラブが再開し、レストランは午後10時以降にアルコールを提供し、ショップは顧客数の制限を解除することができます。 ワクチンパスは不要になり、通勤者はマスクを着用せずに旅行できます。

オランダと同様に、デンマークは最近の毎日の感染記録を次々と記録しています。 しかし、コロナウイルス関連の入院が増加している一方で、保健当局は、検査結果が陽性の患者の30%〜40%がCovid以外の理由で入院していると述べています。

政府の専門家諮問委員会は、「感染の増加とコビッド入院の増加の間で、流行の初期の傾向に分離があった」と述べた。 集中治療室にいるCovid患者の数は、1月上旬からほぼ半分になりました。

ベルギー 先週、記録的な感染にもかかわらず、金曜日からの制限のわずかな緩和を発表しました。 バーやレストランは深夜まで営業しており、遊び場やボーリング場などの屋内アクティビティを再開できます。

国の現在のオミクロン波は2週間でピークに達するとは予想されていませんが、入院は感染よりもはるかに遅い速度で上昇しており、集中治療室の患者数は減少しています。 「状況は管理可能です」とウイルス学者のスティーブン・ヴァン・グフトは言いました。

フランス 火曜日に、501,635の新しい症例の新しい毎日の記録を報告しましたが、再び、入院が増加している間、集中治療を受けている患者の数は以前の波の約半分に過ぎず、その数は1月12日以降減少しています。

保健大臣のオリビエ・ベラン氏は、現在のコロナウイルス波のピークは数日以内に到達するはずだと述べ、首相のジャン・カステックス氏は先週、2月2日から制限を解除する予定を発表した。

カステックス氏によると、月曜日からレストラン、映画館、その他の公共の場に入るのに必要なフランスのワクチンパスにより、コンサートホール、スポーツ、その他のイベントの観客数制限が解除され、多くの従業員やフェイスマスクにとって自宅での勤務も義務付けられなくなりました。外では必要ありません。

ただし、一部の国では、制限を緩和する準備がまだ整っていません。 スウェーデンの保健相、レナ・ハレングレンは水曜日に、「非常に高いレベルの広がり」のためにパンデミックの抑制をさらに2週間延長しました。つまり、バーやレストランは午後11時に閉店し続けなければなりません。

ドイツ水曜日に164,000の感染の新しい24時間の記録を報告した、MPは、要求するか、強く奨励する提案を議論する準備をしています。 人口の約74%は、フランス、イタリア、スペインよりも少なく、少なくとも1回の接種を受けていますが、政府はワクチンの義務化の可能性について意見が分かれています。 オプションには、すべての成人居住者にCovidのワクチン接種を要求するか、50歳以上の居住者のみにワクチン接種するか、ワクチン接種を受けていない人々にカウンセリングを義務付けることが含まれます。

WHOのヨーロッパディレクター、ハンス・クルーゲは日曜日に、この地域が「一種のパンデミック終盤に向かっている」ことは「もっともらしい」と述べ、オミクロンは3月までに大陸の住民の60%に感染した可能性があると述べた。

現在の急増が終わったら、感染またはワクチン接種による免疫は「かなり数週間から数ヶ月」続くはずだ、とクルーゲはフランス通信社に語り、コビッドは年末に戻ってくるかもしれないが、必ずしもパンデミックとして戻るとは限らないと付け加えた。

しかし、彼は、コビッドの風土病を考えるにはまだ時期尚早であると警告しました。 「風土病については多くの話がありますが、風土病とは、何が起こるかを予測することが可能であることを意味します。 このウイルスは私たちを何度も驚かせました」と彼は言い、他の亜種がまだ出現する可能性があると付け加えました。

READ  更新:米国、タリバンが援助と人権について話し合う