Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オーステッド、JWD、Eurusが日本で洋上風力発電所を開発

デンマークのエネルギー会社であるオーステッドは、日本風力エネルギー開発公社(JWD)およびユーロエナジーと提携して、日本の秋田県で洋上風力エネルギープロジェクトを開発しています。

このパートナーシップは、JWDの日本のエネルギー市場に関する知識と、オーステッドの洋上ウィンドファーム開発の経験およびユーラスエナジーの秋田県での操業実績を組み合わせたものです。

両社はまた、今月終了予定の日本での洋上風力オークションラウンドに入札することを計画している。

「オーステッドの戦略的市場として、日本は沖合の風を開発するための大きな可能性と理想的な条件を持っています」と、オーステッドのアジア太平洋地域のプレジデントであるマティアス・ポーセンウェンは述べています。

「オーステッドには、日本のグリーン変革の触媒となるユニークな機会とコミットメントがあり、日本のコスト削減型洋上風力発電の旅を実現する上で主要なプレーヤーとなることができます。」

3社は現在、2018年の海洋再生可能エネルギー法に基づき、秋田県で能代/三田/男鹿と由利本荘の2つの洋上風力エネルギープロジェクトを開発しています。

これらの風力発電所は現在、必要な承認を得て進んでいます。

能代・由利本荘の洋上風力発電所は、2017年からJWDが開発し、現地調査、環境影響評価、海底調査を行ってきました。

どちらの風力発電所でも、タービンは固定床の基礎に設置されます。

JWDの津川木正幸会長兼CEOは、次のように述べています。

「私たちは、洋上風力エネルギー産業の成長と日本の持続可能な社会の発展にさらに貢献していきます。」

日本は、2040年までに30〜45 GWの洋上風力発電容量の目標を設定しており、毎年洋上風力発電オークションを開催する予定です。 国の西海岸は、2030年までに最大5ギガワット、2040年までに9ギガワットの洋上風力発電を受け入れると予想されています。

これらのオークションガイドラインでは、能代市、三種町、男鹿市の合計ネットワーク容量は415MW、由利本荘市は730MWです。

今月初め、オーステッドとPGEは、バルト海で2つの洋上風力プロジェクトBaltica 2(1.5GW)とBaltica 3(1GW)を建設し、運営するという以前に発表された合弁契約を終了しました。

両社は洋上風力エネルギープロジェクトの50%の株式を保有し、総設備容量は2.5 GWで、バルティカ洋上風力発電所に洋上風力発電所を形成します。

READ  サムスンはAndroidTVを支持してTizenを放棄しません