Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コストの上昇とオミクロンは、岸田氏の賃金引き上げへの期待を傷つける可能性がある

岸田文雄首相は、新しい資本主義への取り組みの焦点である富の再分配を加速するために賃金を引き上げる企業を期待しているが、彼の計画は2022年に向けて複数のハードルに直面している。

企業は、COVID-19のパンデミックからの収益の回復を考慮する必要があるだけでなく、エネルギーコスト、重い材料、および毎年のオミクロンコロナウイルス変数の未知の影響を増やす必要があります。 シャント 労働者と経営者の間の賃金交渉は春に始まります。

アナリストは、消費者が支出を増やし、世界第3位の経済を活性化するためには賃金の伸びが重要であると述べています。 消費の増加は、企業が価格を引き上げ、日本銀行がそのとらえどころのない2%の目標に向けてインフレを引き上げるのに苦労しているのを助けることについてより快適に感じるはずです。

岸田文雄氏は最近の記者会見で、「企業が賃金を上げたいというムードを作り出すために、あらゆる手段を講じることが重要だ」と述べた。 首相は、企業の利益がパンデミック前のレベルに回復する限り、企業による3%以上の賃金引き上げを求めています。

岸田文雄は、より高い賃金の数値目標を設定した最初の日本の指導者ではありません。 2020年に辞任した安倍晋三氏は、企業に賃金の引き上げを促し、2018年の賃金交渉に先立って3%の引き上げを求めた。

高い利益を上げている輸出業者などの上場企業は、消費者物価が上昇した場合、より高い給与を提供することが期待されています。 明治安田生命研究所のチーフエコノミスト、児玉陽一氏は、「しかし、賃金の引き上げは包括的ではないだろう」と述べた。

2003年の大企業の最近の最低賃金1.63%から回復した後も、日本では賃金の伸びは鈍いままである。これらの企業は、2021年の交渉で平均1.86%の賃金上昇に合意した。

一方、日本の労働生産性は依然として低く、賃金の上昇を最小限に抑えてきた長年の問題があります。 日本生産性センターのデータによると、2020年には、経済協力開発機構の38人のメンバーのうち、労働生産性、つまり労働時間あたりの生産量で23位にランクされました。

最近のスピーチで、黒田東彦日銀総裁は、インフレは賃金の伸びに伴うべきであり、労働生産性の向上を見ている企業は賃金を引き上げる傾向があると述べた。

経済学者は、賃金の大幅な伸びがなければ、エネルギーや原材料の価格の上昇と円安が輸入コストを押し上げるため、インフレが上昇しているときに家計はより苦痛を感じるだろうと述べています。 一部の食品会社は、コストの上昇を相殺するために価格を引き上げることを決定し、アナリストは、より広範な消費者信頼感への影響を監視しています。

11月のコアCPIは、揮発性生鮮食品を除いて前年比0.5%上昇し、2020年2月以来最大の伸びとなった。日本銀行の予測によると、今年度のコアCPIは4月から0.9%上昇する見込みである。 。

日本の大手企業の経営陣と労働組合との間の賃金交渉は、通常、新会計年度が始まる前の3月に決着します。

第一生命研究所のチーフエコノミスト、新家義樹氏は、2022年の交渉では、賃金の伸びは岸田文雄が要求する水準を下回る1.98%に上昇すると予想されている。

日本企業は、固定費が増えるため、基本給の引き上げに慎重になることがよくあります。 給与が上がると、賃金カットは難しい。 代わりに、経営陣は、収益が改善したときに、より高いボーナスで従業員に報酬を与えることを好みます、とアナリストは言います。

大和証券のチーフエコノミスト、須弘氏は、「安倍政権時代は、企業部門の政治面からの賃金引き上げ圧力が今よりも強まっている」と述べた。 それらは異なり、サービスプロバイダーは、ビジネス環境の改善が期待されるという理由だけで、増額を支払うことに同意することはできません。」

オミクロン株の重症度とその経済への潜在的な影響についての不確実性は、企業を待ち構えている気分にさせるかもしれません。

「企業は基本給を引き上げる際の期待に自信を持っている必要がある。基本給の引き上げを阻んでいるのは不確実性だ」と児玉氏は語った。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本のソフトバンクがBKashの20%の株式を取得