Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コビット規則を除いて国際的な学者を雇うための日本研究所



2021年10月23日に撮影されたこの写真は、東京都新宿区にある国際交流基金アジアセンターの本部を示しています。 (京都)

東京(京都)-コロナウイルスの発生に対する入場制限は続いているが、日本政府関連会社は来週の木曜日に数十人の外国人研究者の受け入れを再開すると当局者は語った。

国際交流基金の関係者によると、当日は、11月と12月に続き、日本研究から、他のアジア諸国、欧米から、合計55人の学者が来日する予定です。

日本の厳しい渡航禁止令が国際的な批判を呼び、ヨーロッパ諸国とアメリカが外国人研究者を受け入れ始めたので、決定は来ます。

外務省傘下の財団は、再開が日本と他国との教育交流の活性化に役立つことを期待している。

「国は長い間閉鎖されてきたが、日本研究の光を消すべきではない」と当局者は述べた。

日本は、中国や韓国を含むいくつかの例外を除いて、160の国と地域からの人々の入国を依然として禁止しています。

世界で文化交流プログラムを推進することに専念している国内で唯一の組織である財団は、6月までに55人の研究者を選出しました。

感染数が急減している日本政府-19の状況に合わせて、到着時刻を注意深く調べていた。

日本研究連盟の枠組みの下、資金援助を受けて外国人研究者を招聘しています。 プログラムの一環として、定期的に約120人が来日しています。

財団の要請により、日本政府当局者は例外的に学者の入国を許可したと当局者は述べた。

協同組合プログラムの参加者には、日本の文化、政治、経済の分野の研究者が含まれ、その一部は博士論文で働いています。

日本の大学などの教育機関と共同で約2〜12ヶ月間研究を行います。

日本での教育交流については、公的資金以外の留学生への新規ビザ発給は停止されています。

国立大学協会と日本私立大学連盟は、政府に対し、入学制限の緩和を求めています。

READ  日本でのこの日は、キャプテン・オリマーの最初のピグミーの冒険から20年になります。