Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コロナウイルスが採用イベントを制限しているため、日本の大学クラブは生き残るのに苦労しています





2022年5月7日、高崎市高崎経済大学の敷地内で、高崎経済大学女子ラクロスチームが共同主催したデモイベントで、軍馬大学のラクロスクラブの創設者である井田正幸が左の背景に写っている。 。/川内隆)

前橋-COVID-19のパンデミックが、コロナウイルスが最初に国を襲った2020年の春以来、これらのグループの採用活動に障害をもたらしたため、日本のクラブや大学のサークルは生き残るのに苦労しています。

東日本の群馬大学では、パンデミック前の2019年に180の学生グループからクラブ活動の通知が届きましたが、今年は151に減少しました。 大学の学生支援部門は、大学が毎年、5人以上の会員などの特定の基準を満たすクラブや部門に彼らの活動の通知を提出することを要求していると言います。 しかし、過去2年間で、学部は学生グループからの一連の解散通知を見てきました。

たとえば、あるボランティアグループは2020年に4年生しかメンバーとしていませんでしたが、新しいメンバーを募集できなかったため、2021年3月に卒業したときに解散しました。 2022年1月、メンバーシップの拒否により、オランダの二重サークルが崩壊しました。

2020年4月7日に東京と大阪を含む7都道府県で発生した最初のコロナウイルス緊急事態に対応して、大学はすべての課外活動を禁止しました。 私は学校に入学しましたが、先輩たちはソーシャルメディアとZoomに頼って、新しい学生をクラブに招待するしかありませんでした。

2020年6月の時点で、感染の最初の波がおさまった後、群馬大学は、送信制御対策を実施し、活動通知を提出するグループに課外活動を許可することを再開しました。 しかし、感染の波が戻り続け、新入生がクラブやサークルにとどまることが困難になりました。 大学は大学のウェブサイトで情報を公開することでそのような学生団体を支援してきましたが、学生支援部門の関係者によると、学生主催者は「活動の活性化と感染防止方法を検討する」必要がありました。

逆境にもかかわらず、一部の学生はクラブ活動に積極的に関わっていました。 群馬大学3年生の相田正幸さん(21)は、2020年4月に入学した男子ラクロスクラブを自ら設立した。 2021年の冬までに、彼はなんとかワンマンクラブを11人のメンバーに成長させました。

しかし、今年、アイーダのラクロスサーキットは1年生を1人も迎えることができませんでした。 コロナウイルスの危機に加えて、群馬大学の学生は、学部によっては、2年目から群馬県の桐生市と太田市のキャンパスに転居する必要があり、県庁所在地の前橋に拠点を置く学部の活動に別の障害をもたらしています。 。

「新入生は主にサッカーやバスケットボールなどの人気のあるスポーツクラブに参加する傾向があるので、小さなスポーツをするクラブは[新しいメンバーを獲得する]のが難しいと思います」と毎日新聞に語った。

しかし、相田と彼のクラブは、5月7日の「ゴールデンウィーク」休暇期間中に、高崎経済大学の女性ラクロスチームと一緒にデモラクロスイベントを主催しました。 群馬大学からの新入生はありませんでしたが、高崎経済大学からの新入生4名が参加しました。

「群馬県内の他の大学とのラクロスの宣伝を全体的に増やしたいと思っています。これらのイベントが群馬大学に新しい学生を引き付けることを願っています」と相田氏は語った。

(前橋事務所川内隆による日本語原作)

READ  オーストリアグランプリ:レース後の調査後、キミライコネンがセバスチャンベッテルのクラッシュでペナルティを科せられた